ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリエイティブな才能が開花する!?店内どこでもらくがきOKのカフェバーが超楽しそう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


子どもの頃、描いてはいけない場所にらくがきをして怒られたという経験はあるだろうか?

誰もがいちどは経験する苦い思い出を、クリエイティブなイベントへと昇華させたユニークなイベントがこの春開催される。

2014年と2015年に期間限定で銀座にオープンし、1万人以上が来店した「GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel」が、今度は3月12日(土)~6月6日(月)の期間限定で大阪府枚方市の「ひらかたパーク」内にオープンする。

「HIRAKATA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel」は、公共の場所にある壁やテーブルはらくがき厳禁という常識を打ち破る、太っ腹カフェ。

場所を自由に堤供するだけでなく、らくがき用の道具もすべて無料で貸し出すという。

壁や床、テーブル、イスなど、店内にあるものはすべてらくがきOKで、お店のメニューもそんならくがきにちなんだカラフルなフードやドリンクで楽しませてくれる。

「ひらかたパーク」では同期間中、「チームラボ★アイランド 踊る!美術館と、学ぶ!未来の遊園地」も開催されており、こちらの会場でも「ぺんてる」のクレヨンを使用。

家族みんなで楽しめるこの春のアート・イベントは、ゴールデンウィークももちろんオープン。この日は大人も童心にかえって遊び倒そう!

http://www.hirakatapark.co.jp/schedules/showevent/365

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP