ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「Xperia PLAY SO-01D」を正式発表、10月中旬より予約開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTTドコモは9月14日、Sony EricssonのXperiaスマートフォン「Xperia PLAY SO-01D」を発表しました。発売時期は2011年10月~11月。事前予約受付が2011年10月中旬以降実施されます。

Xperia PLAYは、SCEのPlayStation Certifiedを世界で初めて取得したスマートフォンで、Androidゲームのほか、今のところ、初代PSゲームをプレイすることができます。方向キーや△○×□ボタン、アナログスティックの代わりとなるタッチパッドを搭載したスライド式ゲームコントローラーを搭載したところが特徴で、ゲームをタッチパネルによる操作だけではなく、コントローラー操作でもプレイできます。

国内でXperia PLAYが発売さえるということで、Xperia PLAYに最適化された(コントローラー操作にも対応した)国内向けのゲームタイトルが急増しそうですね。ちなみに、プリインストールゲームは、「クラッシュ・バンディクー」や「みんなのGOLF 2」など5タイトルとのこと。

スペックは、4インチFWVGA(854×480)サイズの液晶ディスプレイ、MSM8255 1GHz Snapdragon、512MBのRAM、1GBのROM、マイクロSDカードスロット、2つのスピーカー、背面に510万画素のCMOSカメラ(HD動画撮影対応)、前面に30万画素のCMOSカメラを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRに対応。spモードやテザリングには対応しますが、オサイフケータイや赤外線通信、ワンセグには対応しません。

Xperia PALY SO-01Dのスペック
OS:Android 2.3(Gingerbread)
サイズ:119 mm(H)x 62mm(W)x 16mm(D)
重さ:約175g
ディスプレイサイズ:4インチ、解像度854×480(FWVGA)
ディスプレイ:TFT LCD、16Mカラー、静電容量マルチタッチ
チップセット:Qualcomm MSM8x55 1GHz Snapdragon
GPU:Adreno 205
メモリ:512MB
ストレージ:1GB
マイクロSD:32GBまで対応(標準8GB同梱)
リアカメラ:510万画素CMOS、AF、フラッシュ付き
フロントカメラ:30万画素CMOS
対応周波数:GSM(900/1800/1900)、WCDMA(800/2100)
HSDPA:14.4Mbps
HSUPA:5.76Mbps
ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB
センサー類:加速度、近接、ライト、デジタルコンパス、GPS/A-GSP対応
バッテリー:1,500mAh、WCDMAでのスタンバイ時間は400時間、連続通話時間は340分
機能など:DLNA対応 カラー:ブラック
Source:  NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
MedfieldベースAtomを搭載したIntelのHoneycombタブレット「Red Ridge」の写真、NFCにも対応
「PlayStation VITA(PS VITA)」は12月17日に発売、NTTドコモが2種類のデータプランを提供予定(更新:NTTドコモが正式発表)
Samsung、Tegra 2搭載「Galaxy R」を台湾で9月末より発売

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。