ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

氷点下の津軽海峡で生きたまま水揚げしたアンコウの鍋料理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月23日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時53分~)では、旬を迎えた巨大アンコウの捕獲に挑む津軽海峡の漁師の姿を特集。東京都の神田にあるアンコウ料理が食べられる飲食店として「いせ源」(東京都千代田区)を取り上げた。

こちらの「アンコウ鍋」は醤油をベースとしたダシ汁を使う。つゆがぐつぐつと煮え立ち、湯気がもうもうと湧き上がる熱々の鍋の中に、さやえんどう、椎茸といった野菜に加えてあんこうの身と大ぶりのあん肝が入っており、全体的に甘辛い味に仕上げている。来店したお客さんは食べるなり「ん~!おいしい!」と目を細めて表情を緩ませていた。
また、開店後すぐに品切れになってしまうため食べられればラッキーと常連客が語る幻のメニュー「あん刺し」を紹介。同メニューを初めて食べたお客さんは、非常にあっさりとした味わいで食べやすい一品だったのでビックリしたと語ってくれた。
刺身に使うあんこうは、青森県の風間浦で獲れたものを使っているとの事。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:いせ源(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:神田のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:神田×和食のお店一覧
バングラデシュ出身のイタリアンシェフが作るスパイシーカレー
野性味溢れる味の楽しめる「鴨肉入り煮ぼうとう」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。