ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : クリーンマスターのCheetah Mobile、独自のAndroidスマートフォン「Cheetah Phone」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリーンマスターや CM セキュリティなどのアプリを提供している中国のソフトウェア企業「Cheetah Mobile」が MWC 2016 イベントで、Cheetah ブランドの Android スマートフォン「Cheetah Phone」を発表しました。Cheetah Phone は、Cheetah Mobile と中国の端末メーカー CHBOT のパートナーシップによって誕生した Android スマートフォンで、クリーンマスターをシステムに統合しているところが大きな特徴です。端末の詳細はまだ公開されていませんが、今のところ、1.5GHz 駆動の 64bit オクタコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラを搭載しています。Cheetah Phone の発売は今後数ヶ月中で、まずは欧州に投入されます。価格は €199 なので、ミッドレンジクラスと言えます。Source : Cheetah Mobile

■関連記事
英Handtec、LG G5(LG-H850)の予約販売を開始、4月1日までに入荷予定と案内
警視庁、詐欺被害を抑制するための防犯アプリ「Digi Police」を3月1日にリリース
LG G5の予約受付が米国で3月18日に開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP