ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : Intel、デスクトップ版Linuxも使える$100前後のAndroidスマートフォンの試作機を披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Intel がスペイン・バルセロナで開催中の MWC 2016 イベントで、Linux によるデスクトップ PC 機能を搭載した Android スマートフォンの試作機を披露しました。Windows 10 Mobile では Microsoft の Continuum が利用できますが、Android にそのような機能はなく、代りに、Linux を導入して MHL 接続するとモニタ画面にデスクトップ版 Linux の UI が表示されるようになります。Intel が開発したスマートフォンは価格的には $100 をターゲットにした低価格モデルなのですが、自社のプロセッサ(SoFIA X3)を搭載するほか、Android 5.1、5.5 インチ 1,280 x 720 ピクセルのディスプレイ、2GB RAM、16GB ROM を搭載しています。デモでは、VLC プレイヤーで動画を視聴しつつ、LibreOffice の Calc や Writer を別ウィンドウで操作したり、Google の Chrome や Mozilla の Firefox も利用可能であることを確認できます。Source : WinFuture

■関連記事
英Handtec、LG G5(LG-H850)の予約販売を開始、4月1日までに入荷予定と案内
警視庁、詐欺被害を抑制するための防犯アプリ「Digi Police」を3月1日にリリース
LG G5の予約受付が米国で3月18日に開始

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP