ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スケーターたちがつくった絶品ピーナッツバター!「HAPPY NUTS DAY」が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

蓋を開けた瞬間に広がる香りは、上質な素材と焙煎したての証拠。「HAPPY NUTS DAY」は、いま話題の千葉県九十九里発ピーナッツブランドです。

上質なピーナッツを
少量ずつ、職人の手で焙煎

こちらは、粒なしタイプ。使用されている素材は、九十九里産のピーナッツと海塩、北海道産のてんさい糖のみ。小さな子どもにも安心です。その滑らかな口当たりは、焼きたてのトーストにぴったり!

一方こちらは、食べごたえのあるザクザクの粒入りタイプ。どちらも上質なピーナッツを、少量ずつ職人の手によって焙煎しています。どちらも風味がとても豊かで、やみつきになるユーザーが急増中。

写真は120gのSサイズ、価格は972円(税込)。250gのMサイズは1,782円(税込)で購入できます。

専用のオリジナルカバーも
かわいい!


web storeで注文した場合、商品はオリジナルカバーにて個別包装し送ってもらえる模様。350ml缶の保冷カバーとしても使えるし、爽やかなデザインも◎。

作り手は
地元を愛する3人の若者

「高齢化と過疎化の進む地元・九十九里を盛り上げたい」

そんな想いを共通して持った3人。スケートボードやBMXを通じて知り合った若者たちが、このピーナッツバターの生みの親です。地元の農家や腕利きの焙煎職人の手を借りつつ、2年におよぶ試行錯誤の末にようやく完成した自信作なのだとか。

気になる商品の取り扱い店舗はこちら。ピーナッツバターの他、抜群に香り高い最上級品種を職人の手で焙煎したローストピーナッツ(煎り落花生)も販売中。あわせてチェックしてみて!

Licensed material used with permission by HAPPY NUTS DAY

関連記事リンク(外部サイト)

紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
乳ガンと闘う母に、息子が「歌」を作った。世界のミュージシャンも動いた!
コンビニが大好きすぎる留学生が歌を作った結果・・・(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP