ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自由化電力の選び方 料金、ポイント、電力の種類などが基準

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月1日に始まる電力自由化。電力会社を自分で選べるようになるわけだが、どういう基準で選べばいいのだろうか? 様々なプランがあるので、個々人の優先順位に合った選び方をすべきだろう。

【電気料金の安さで選ぶ】
 各社の公式サイトで料金プランや基本料金、単価が公表されているので、そこから選ぶ。使用量が300kWhを超えている月が多い場合は、第3段階料金の割引が大きいプランがお得。第2段階料金までしか使っていないなら、東燃ゼネラル「myでんき」など一律で割引しているプランがおすすめだ。

《たとえばこんなプラン》
■東燃ゼネラル「myでんき」
 基本料金も段階料金も約5%オフ。

■東京ガス「ずっとも電気1」
 第1段階料金は割高。第2段階料金で約10%、第3段階料金で約13%安い。

【ポイント付与で選ぶ】
 電気料を安くするのではなく、ポイントの付与で“お得”を還元するタイプもある。Tポイント、Pontaポイントなどを貯めている人にはおすすめ。ただし、電気料金が毎月割高になると意味がないので、ポイントをお金に換算して比較することが大切。

《たとえばこんなプラン》
■東京電力 各種プラン
 1000円でTポイントかPontaポイントを5ポイント付与。

■東京ガス 各種プラン
 1000円で15パッチョポイント(東京ガスオリジナル)付与。

 バッチョポイントはTポイントやPonta、WAONポイントなどに交換可能(提供開始は順次)。一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5~1%。この数値を、ポイント還元率の比較に用いるとよい。たとえば、東京電力のTポイントやPontaポイントへの還元率は0.5%、東京ガスのパッチョポイントは還元率1.5%になる。

【電力の種類で選ぶ】
 太陽光、風力、地熱、水力などの自然エネルギーの電気を買いたい人は、発電方法や、販売されている電源の構成割合をチェック。現在は、個人向け料金プランを提示しているところは少ない。4月以降、プランが出そろうまでは様子を見たほうがよい。

《たとえばこんなプラン》
■イーレックス「関東従量電灯B」
 バイオマス発電の大手。基本料、第1段階料金はほぼ東京電力と同じだが、第2段階、第3段階料金での割引がある。

【セット割の特典で選ぶ】
 乗り替えることで、ガソリン代やスマホ代など、同社の販売する他のサービスの料金が割引になる“セット割”もある。自分が普段よく使う、電気料金以外のお金が割引になれば、トータルの生活コストが下がってお得になる仕組み。家計全体を見直すきっかけにもなる。

《たとえばこんなプラン》
■ENEOSでんき
 ENEOSカードで電気料を払うとガソリン代などが値引きに。

■auでんき
 auサービスとセットで電気料に応じて1~5%キャッシュバック。

◆電力自由化 今後の展開は?

 プランを発表していない「丸紅新電力」など、風力などの自然エネルギーを主力とする会社もあり、今の電力業界勢力図が覆るような新プランが登場する可能性は大きい。また、東京電力は、割安な追加プランを打ち出しており、このように、競合会社の出方を見ながら、調整する会社も出てきている。さらにこんな動きも。資源エネルギー庁の山口真吾さんはこう話す。

「地域の中小企業や自治体などが主導し、地産地消型と訴求して電力を販売する計画もあります」

 また、これまでも、電気料金をクレジットカードで支払うと、カードのポイントが貯まるお得な仕組みはあったが、今後も、前出の東急カードのように、クレジットカードとの併用でさらにポイントが貯まるような追加プランなども期待できる。4月以降も目が離せない。

 しかし、こんな落とし穴もある。プラン条件の中に、「2年契約が前提」など、契約期間にしばりがあり、期間内に解約すると違約金が発生するものも多い。今後も魅力的なプランが登場する可能性が高いので、今契約するなら長期契約は避けた方がいい。

 また、集合住宅では、1棟でまとめて電力会社と契約しているケースも。この場合、個人単位での乗り替えは難しい。ただし1戸ごとに「検針票」が届いていれば、戸別契約なので乗り替え可能。

 乗り替え手続きに便乗した悪質な営業や不要な工事を高額で行うなどの詐欺が増える可能性も。工事は不要、スマートメーターの設置は無料と覚えておいて。あやしいと思ったら、資源エネルギー庁の公式サイトに登録されている小売電気事業者かどうか確認しよう。

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
電力自由化 月に300kWh以上使う世帯は乗り替えがお得
東電6000億円過大見積り「大した問題ではない」と大前研一氏
夜間新料金発表の東電 すでにもっと安い夜間料金制度あった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP