ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2時間以内の習い事限定】将来に備えてスキルアップ!空いた時間を有効活用♪ 自分磨きカタログ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事帰りや休日などのスキマ時間を上手に使って、何か始めたい皆さん必見!

いつか転職したい、結婚後も仕事をしたい、家庭に役立てたい…1年後、5年後、10年後の自分のために今、自己投資をして人生設計を!そんな将来に備えたスキルアップで自分磨きができる習い事を紹介します。

①WEBデザイン 1時間でできる自分磨き

在宅勤務やフリーなど自分のスタイルで働ける

パソコン画面で見やすい書体や色の組み合わせ、インターネットで使用するプログラム言語の知識などを習得し、Web サイトを制作。自分のサイトやネットショップを開くだけでなく、在宅勤務やフリーランスでプロを目指すことも。

【Point】見やすく、使いやすく、何度でも訪れてもらえるサイトをデザインするセンスが肝心。

【約3ヵ月学び続けると…】

ホームページが作成できるようになる!

②英会話 1時間でできる自分磨き

根強い人気の習い事で今や社会人の必須スキル

日本の企業でも英語を社内公用語にする動きがあり、ビジネス英語の需要が高まっている。昇進や採用にTOEIC®テストなどを条件にする企業も少なくない。海外旅行や留学だけでなく、仕事にも使える語学力を習得しておきたい。

【Point】マンツーマンとグループ、ビジネスや旅行に特化したレッスンなど、スタイルは多様。

【約3ヵ月学び続けると…】

簡単な旅行英会話がマスターできる!

③簿記 2時間でできる自分磨き

経理・会計の定番資格で営業や事務にも活用

ブログに載せる写真を趣味で楽しみたい人から、プロのフォトグラファーを目指す人まで。技術を身につければ、ただ上手に撮るだけでなく、自分なりのモノの見方、とらえ方を写真で表現することができ、自分にしか撮れない作品に。

【Point】転職の武器にするには、日商簿記検定2級以上が目安。試験対策講座で効率よく学びたい。

【約6ヵ月学び続けると…】

日商簿記2級の検定試験に合格できるレベルに!

④ファイナンシャルプランナー(FP)2時間でできる自分磨き

人生のマネー設計ができ主婦業との兼業や副業も

顧客の生活スタイルや家計、資産を分析し、貯蓄計画や保険などを総合的に提案。ローンの仕組み、税金、不動産、相続などの知識が身につき、自分の家計を見直すこともできる。企業内で活躍できるほか、独立開業や副業でも働ける。

【Point】プロとして活躍するには顧客に信頼されることが大切なので、FP技能検定資格を取得しておこう。

【約6ヵ月学び続けると…】

2級FP技能検定の資格を取得できるレベルになる!

⑤心理カウンセラー 2時間でできる自分磨き

対人関係や育児などプライベートにも役立つ

さまざまな悩みやストレスなど心の問題を抱える人に対し、心理学の知識や技法を用いて解決へ導いていく。学校、児童施設、老人・福祉施設、企業など活躍の場は幅広く、独立開業も。自分自身の人づきあいや育児にも活用できる。

【Point】カラー、フラワー、アート、音楽など多彩なツールがあるので、自分に合った技法を選ぼう。

【約6ヵ月学び続けると…】

プロのカウンセリングスキルが身につく

⑥リフレクソロジー 2時間でできる自分磨き

サロンに転職したり自宅で独立開業する道も

身体全体の臓器や器官に対応している足の裏の反射区を指で刺激することで、ストレスや肩こりなどの心身の不調を和らげ、自然治癒力UPに効果的。家族を癒してあげられたり、サロンで働いたり、独立開業したり、副業にすることも。

【Point】英国式や台湾式など、さまざまなメソッドの手技があるので、比較検討して選ぼう。

【約1年学び続けると…】

プロのリフレクソロジストとして活躍できるように!

⑦ブライダルコーディネーター 2時間でできる自分磨き

新郎新婦に信頼される人柄やアイデアで勝負

結婚式を挙げるカップルの相談相手になり、挙式や披露宴のすべてをサポート。新郎新婦にピッタリの結婚式を提案するために、幅広い知識とアイデアが求められる。

人柄やコミュニケーション能力など自分自身の魅力も重要ポイント。

【Point】アイデアの引き出しの多さが必要なので、友人や親戚の結婚式の参列経験を活かそう。

【約5カ月学び続けると…】

プロのコーディネーターとして活躍できるように!

構成/ケイコとマナブ編集部 取材・文/やまだみちこ ※この記事は2015年7月時点での情報です

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP