ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エレコム、土佐和紙で作ったハイクオリティなクリーナークロスを発表、スマートフォンやメガネ拭きに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エレコムは 2 月 23 日、高知県の「土佐和紙」で作ったハイクオリティなクリーナークロス「P-J/KCT」シリーズを 3 月上旬に発売すると発表しました。「P-J/KCT」は、土佐和紙を用いて活版印刷の技術を使用し 1 枚ずつ刷り上げて製造された紙製のクリーナークロスです。素材やデザインにこだわりたい人は必見です。和紙製の使いきりタイプなのですが、1 枚は 1 日 2 回の使用で 1 週間は使えると言う風に説明されています。持続性があるようです。ラインナップは、団子柄の「DANGO」、格子柄の「KOUSHI」、花火モチーフの「HANABI」、富士山モチーフの「FUJI」、桜の花びらを 1 枚ずつ並べた「SAKURA」の 5 種類で、それぞれは 2 色用意されています。パッケージの入り数は 5 枚で、価格は 850 円 + 税です。Source : エレコム

■関連記事
Xperia XとXperia Z5シリーズのサイズ比較動画
GSMA、AndroidにおけるRCSサービスの共通化・標準化を目指すプロジェクトのローンチ、Googleと47の携帯事業者らが参加
Galaxy S7 / S7 edgeにはSmart Switchデータ移行用のOTGアダプタが同梱

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP