ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リアーナ&ドレイクの「ワーク」が米シングル・チャートを制す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドレイクをフィーチャーしたリアーナの「ワーク」が、米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”(3月5日付)で首位に立った。ドレイクにとっては2度目、リアーナにとっては14度目の同チャート首位だ。

 業界筋のセールス予想、ニールセン・ミュージックによるストリーミングやエアプレイの先行データをもとにしつつも19日時点では勝敗の予測が付かなかった今回のチャートだが、接戦の末、「ワーク」が先週4位から1位へジャンプアップする結果となった。同チャート57年の歴史上1,052個目のNo.1だ。

 これによりリアーナは14度目の首位獲得となり、マイケル・ジャクソンとのタイ記録を破って史上3番目の最多首位獲得となった。現時点での“Hot 100”チャート最多首位獲得アーティストは以下の通りだ。

20、ザ・ビートルズ
18、マライア・キャリー
14、リアーナ
13、マイケル・ジャクソン
12、マドンナ
12、スプリームス
11、ホイットニー・ヒューストン
10、ジャネット・ジャクソン
10、スティーヴィー・ワンダー

 一方、ドレイクは2度目のNo.1獲得で、どちらもリアーナの曲でのフィーチャリング・アーティストとしての獲得となる。2010年11月20日付チャートで「ホワッツ・マイ・ネーム」での首位獲得に続くものだ。リード・アーティストとしては、ドレイクは2009年の「ベスト・アイ・エヴァー・ハッド」、そして昨年の「ホットライン・ブリング」で最高位2位を記録している。

 また、バルバドス出身のリアーナとカナダ人のドレイクが首位に輝いたことにより、非米国生まれのアーティストが同チャートを制すのはこれで33週目となる。

 リアーナによる今回の首位はジャスティン・ビーバーの「ラヴ・ユアセルフ」が2位に転じ、かろうじての獲得となった。

 この他、トゥエンティ・ワン・パイロッツの「ストレスド・アウト」は最高位2位から3位へ転落。しかし、“Hot Rock Songs”チャートでは9週目の首位をキープしている。以前、3週にわたり首位をマークしたビーバーの2曲目、「ソーリー」は3位から4位へダウン。トップ5を締めくくるのは、2週目の5位となるフロー・ライダーの「マイ・ハウス」だ。

 2週間前に初登場1位だったゼイン(ゼイン・マリク)の「Pillowtalk」は、7位から6位へ再浮上。また、アデルは「ハロー」が6位から7位へダウンした一方で、同曲を収録したアルバム『25』は米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で9週目の首位に返り咲いている。

 G-EazyとBebe Rexhaの「Me, Myself & I」は依然最高位の8位に留まり、9位はRozesをフィーチャーしたザ・チェインスモーカーズの「Roses」。ジョー・ジョナス率いるDNCEの「Cake by the Ocean」が今回新たにトップ10入りしている。

 なお、トップ10圏外では複数曲が順位を上げており、チャーリー・プースの「ワン・コール・アウェイ」が15位から12位へ、アデルの「ホウェン・ウィ・ワー・ヤング」が20位から14位へ、そしてルーカス・グラハムの「7イヤーズ」が35位から20位へ大きく上昇した。

関連記事リンク(外部サイト)

リチャード・アシュクロフト 待望の最新ソロ・アルバムを5/20に世界同時リリース
ジョン・レノンの髪の毛がおよそ390万円で落札
カイリー・ミノーグが19歳下の英俳優ジョシュア・サスと婚約

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP