ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kiroro 『アーロと少年』のエンドソング「Best Friend」熱唱に観客500人が感動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月12日から公開されるディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』のイベントにKiroroが登場し、日本版エンドソングの「Best Friend~Mother Earth Version~」を披露した。

Kiroro『アーロと少年』ライブ写真一覧

 ボーイスカウトの創設者ベーデン・パウエル卿夫妻の誕生日にちなみ制定された“世界友情の日”である2月22日に行われた本イベント。本作は弱虫でひとりぼっちの恐竜アーロと、怖いもの知らずの少年スポットの友情を描いた感動作だ。玉城千春は「この曲ができた時、喉を痛めて辛かった時期でした。その時に支えてくれたあーや(金城綾乃)に感謝の気持ちを込めて作った曲です。それが15年経ってまた新しくなってとても嬉しいです」と楽曲に対する想いを告白した。

 またこの日は、サプライズで沖縄からKiroroの親友が登場。何も知らされていなかったKiroroの2人は、沖縄と東京で普段は会えない親友の登場に、驚きと感動で大粒の涙を流した。歌手を目指して活動していたという親友は「私が親に猛反対された時、ちーは(玉城)が手紙を書いてくれたこと覚えてる? 1人だったらここまで頑張ってこられなかった。あーやとは20歳で出会って仲良くなったね。子供の誕生日が一日違いで生まれて、一緒に子育てを頑張ったね。二人とも本当にありがとう。大好きです」と手紙が読み上げられると、3人はハグを交わし、離れていても変わらない友情を確かめ合った。

 最後に、9時間かけて制作された、“友情”の花言葉を持つバラやライラック、ガーベラなど総数約5000本とヒノキ1本が使われた巨大フラワーカーペットを背に「Best Friend~Mother Earth Version~」を披露。会場は感動ムードに包まれ、イベントに集まった観客500人の中には、涙する人も多く見られた。

◎『アーロと少年』予告編
https://youtu.be/Iaw7-nzOl2A

◎作品情報
『アーロと少年』
2016年3月12日(土)より全国ロードショー
監督:ピーター・ソーン
製作:デニス・リーム
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

ディズニー/ピクサー『アーロと少年』Kiroroの名曲乗せたミュージック予告解禁
Kiroro「Best Friend」が『アーロと少年』日本版エンドソングに決定、「誰かと、素敵な景色を見れますように」
映画『アーロと少年』ワールドプレミア開催、ジョン・ラセターの“初とも”は宮崎駿

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP