ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オランダで買いたい!おすすめのお土産10選とお店情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Kozue Fujieda「弾丸トラベル ~オランダ~」

こんにちは。TRiPORTライターのMayumiです。
オランダといえば、ミッフィー! ミッフィー好きにはたまらないミッフィーグッズ探しから、チーズなど実はあまり知られていないオランダのお土産事情。お花畑や、風車などどこかファンタジーを感じるオランダ、自然いっぱいの素敵な国でお土産を探してみませんか? 海外旅行へ出かけたら必ず買いたいのが現地でしか買えないお土産。
今日はオランダでぜひとも買いたいお土産を10個、おすすめのお店を3店舗ご紹介します。

1. 木靴


"dutch wooden shoes www.cycletours.com" (CC BY-SA 2.0) by  WWW.CYCLETOURS.COM 

干拓によって土地を広げてきたオランダ、ぬかるんだ場所が多かったため木靴が役に立ちました。現在では普段使いをする人も減り、ガーデニングなどで履く人が多くなりました。
鮮やかな装飾が施された木靴、小物入れなどインテリアとして使うのも可愛いです。蚤の市や古物市では、アンティークものが見つかったりと掘り出し物に出会える可能性があります。

2. ロータスのダッチクッキー

オランダ風クッキーの、ロータス・ダッチクッキー(Dutch Cookies・Lotus)は、16世紀から伝わるレシピを受け継いで作られているクッキーです。歯ごたえが柔らかく、ほどよい甘さは病みつきになりますよ。特に紅茶との相性が抜群で最高な組み合わせです!

3. ミッフィーのクッキー


Provided by

ディック・ブルーナさん御用達のクッキー屋さん、テオ・ブロム(Theo Blom)。ショーケースに並べられた、たくさんの美味しそうなクッキー、ミッフィーの形をしたクッキー(缶入り)が売られています。中には、ここでしか買えないミッフィークッキーもあり、デザインは全部で21種類ほどあります。可愛くて何を買っていいか迷ってしまいそう・・・。

4. オランダのチーズ


"DSC02009" (CC BY-SA 2.0) by  dfarrell07 

チーズ市が開催されるほどチーズが有名なオランダ。首都アムステルダムにはチーズ専門店が数多立ち並んでいるので、食べ比べも楽しめます。オランダのチーズはクセがないので食べやすいのも特徴です。特に持ち帰りには、ゴーダやエダムなどのハードチーズがおすすめです。

5. マヨネーズ


"SkinkOst" (CC) by  d i l l w e e d 

日本ではなかなか見かけない、歯磨き粉のようなチューブタイプのマヨネーズです。
こちらは、スーパーなどで購入可能です。中にはヨーグルト風味のマヨネーズなどもあり、一体どんな味なんだろう? と驚きますが、実はオランダのマヨネーズはとっても美味しいです。マヨネーズ嫌いな人でもマヨラーになっちゃうかも! 特にポテトをマヨネーズにディップするのがおすすめです。

6. ピックウィックの紅茶


"Tea bag" (CC) by  Selma90 

オランダの有名紅茶ブランドである、ピックウィック(Pick Wick)は様々な種類のフレーバーがあります。オランダでは、アッサムやダージリンなどのブラックティーよりも、フレーバーティーを飲むことの方が多いです。種類は、オレンジ、ストロベリー、ラズベリーなどがあり、お得なミックスパックも販売されています。
また、天然果汁を使っているため、人工的でない香り豊かなフルーツティーを楽しめますよ。その日の気分に合わせて楽しみたい紅茶です。

7. オリボーレン


"Oliebollen" (CC BY-SA 2.0) by  Random_fotos 

オランダの大晦日にかかせない、オリボーレン(Oliebollen)。日本でいう、年越しそばのような感覚で食べられています。オリボーレンは、ドーナツを揚げたようなお菓子で粉砂糖をふりかけて食べます。季節限定ですが、屋台で食べることもできますよ。
またスーパーには、オリボーレンを作るための材料も売っているので、お土産に持ち帰って家で作るのも楽しいですね!

8. マグネット


"Magnets" (CC BY-SA 2.0) by  XuRxO 

その国の特徴が一番に伝わりやすいお土産のマグネット。観光スポットがたくさんあるオランダには可愛いマグネットがたくさんあります! チューリップの形をしたマグネットや、木靴の形をしたマグネットなど。
冷蔵庫に貼ったり、使い勝手がいいマグネットはお土産に喜ばれること間違いないですね! これを機に世界のマグネット集めをしてみてもいいかもしれません。

9. ロンカ・ファッジのキャラメル

100年以上の歴史があるオランダの老舗お菓子メーカー、ロンカ・ファッジ(Lonka Fudge)はキャラメルやヌガーなどのお菓子を作っているメーカーです。キャラメル好きを唸らせる、激うまのキャラメルです。ソフトな歯ごたえと、濃厚な味が特徴的で、甘さがちょうどよく、懐かしい味がします。
アーモンドが入ったキャラメル、バタースコッチ、チョコレート味もあります。

10. ハーヘルスラフ


"IMG_0645" (CC) by  Imbecillsallad 

オランダの朝食にはかかせない、ハーヘルスラフ(Hagelslag)。バターやマーガリンを塗ったトーストの上に、ふりかけて使うトッピングです。特に子供には大人気! パッケージ、味もそれぞれ異なるのでお気に入りを見つけたいですね。
種類は、チョコ味、フルーツ味などがあり、スーパーでも購入可能です。小さな小箱のセットもあるのでぜひお土産に買ってかえりたい商品です。

お土産はここで!アムステルダムのおすすめ店

1. エマ


Provided by

オランダ発祥の、プチプラアイテムのお店です。生活用品から、文房具、衣類などの可愛い商品がお手頃価格で手に入ります。エマには、コスメラインまであり、幅広いラインナップを誇っています。
日本にはまだ末進出のため、オランダに訪れたら絶対に立ち寄りたいお店の一つです。

エマ(Hema)
住所: Kalvertoren Shoppingcenter Kalverstraat 212 1012 WP Amsterdam
電話:+31 20 422 8988
営業時間:(月〜土)9:00〜19:00(木曜 〜21:00)※日曜のみ11:00〜18:30
HP:http://www.hema.nl

2. ブロンド・アムステルダム


Provided by

アムステルダム在住の女性2人組によって生み出された、可愛い雑貨屋さん。食器や文房具、化粧品や赤ちゃんの洋服など、オランダ特有のデザインが特徴的です。
オランダの名物である、デルフト焼きをイメージしたデザインのグッズやポップなデザインのものもあり、デザインの種類も豊富ですよ。こちらのお店はショップ袋も可愛いのでぜひチェックしてみてくださいね! 

ブロンド・アムステルダム(Blond Amsterdam)
住所: Gerard Doustraat 69 1072 VL Amsterdam
電話:+31 20 428 4929
営業時間:(月〜金)10:00〜18:00(土曜 〜17:00)
定休日:日曜
HP:http://www.blond-amsterdam.nl/nl/

3. デ・ウィンケル・ファン・ナインチェ


Provided by

ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナ氏はユトレヒト出身です。この街には、ミッフィー広場や信号機の中の絵柄がミッフィー柄であったりと、街のいたるところでミッフィーに出会うことができますよ。
ミッフィー好きにはたまらない最高な街、ユトレヒトから足を伸ばしたアムステルダムには、ミッフィー専門店があります。
ミッフィーのぬいぐるみから絵本、ポストカード、おもちゃ、洋服、なんでも買えちゃいます!

デ・ウィンケル・ファン・ナインチェ (De Winkel van Nijntje)
住所:Scheldestraat 61 1078 GH Amsterdam
電話:+31 20 664 8054
営業時間:(火〜金)10:00〜8:00(月曜 13:00〜、土曜 〜17:00)
定休日:日曜
HP:http://www.dewinkelvannijntje.nl

おわりに

オランダのお土産情報いかがでしたか?
魅力いっぱいのオランダ! ご紹介したものはまだほんの一部。オランダにはまだまだたくさんの魅力的な雑貨やお菓子、食料品、本などがたくさんありますよ。お土産選びに悩んだら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
ぶらり街中を散策しながら、面白いお店を見つけてみてくださいね。素敵なオランダ旅行を!

ライター: Yuko Mayumi
Photo by: Kozue Fujieda「弾丸トラベル ~オランダ~」

関連旅行記

*Akari Ohira「ヨーロッパのユートピア♡オランダ・ベルギーひとり旅」
*KANA「【オランダ】運河や風車だけじゃない!春のアムステルダム女子旅旅行記」
*Yuko「Netherlands – オランダ4日間 現代建築と自転車とデスクワーク」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP