体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

T-Mobile向けGalaxy S IIはQualcomm APQ8060 1.5GHz搭載、SamsungのTwitterアカウントによるツイートで明らかに

先月末、Galaxy S IIの米国向けモデルが発表されました。発表の際、SprintとAT&T向けモデルは、SoCとしてSamsungのExynosプロセッサーを搭載することが明記されていましたが、T-Mobile向けモデル(GH-T989)については非公開でした。そんな中、米Samsungの公式Twitterアカウント「GalaxySsupport」が、1.5GHz駆動のQualcom APQ8060プロセッサーがT-Mobile向けモデルに搭載されることをツイートしたことで、搭載SoCの種類が明らかとなりました。APQ8060プロセッサーは第3世代のSnapdragonで、HP TouchPad、HTC JetStreamなどに搭載されています。APQシリーズにはベースバンドチップが搭載されないという点でMSMシリーズと大きく異なります。APQチップを搭載するのは下り42MbpsのDC-HSDPAをサポートすることが目的で、それをサポートするベースバンドチップを別途組み込むと思われます。Source : Samsung(@GalaxySsupport), TMONews


(juggly.cn)記事関連リンク
タブレット向けのUIを搭載するFirefoxのNightlyビルドが公開
NECカシオ、表参道に期間限定でスマートフォンラウンジ「MEDIAS BLACK LOUNGE」をオープン
NTTドコモ、パナソニック製「P-07C」にGSP問題を解消するソフトウェアアップデートを配信開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。