ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラ 高畑充希、唐沢寿明、及川光博らがガッツポーズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2017年度前期のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の『戦中・戦後編』の新出演者発表会見が2月15日に行われ、元々主演が決まっていたヒロインの雑誌編集者・小橋常子役の高畑充希に加え、新キャスト3人が登場した。同作は、戦後の女性の人生に大いに影響を与えた雑誌『あなたの暮し』の編集に携わった人々を描く。

 今回発表した新キャストは、『あなたの暮し』の編集長・花山伊佐次役の唐沢寿明、そして別の零細出版社を経営する谷誠治(山口智充)、同社ナンバー2の五反田一郎(及川光博)、『あなたの暮し』の経理を担当する伊藤淳史の4人。及川と伊藤は初の連続テレビ小説出演となる。

 唐沢は「変な格好」をすると笑いを誘い、高畑も「イケメンに囲まれ“逆ハーレム”状態」だとこれまた笑いを誘った。同作は戦後の女性におおいに影響を与えた雑誌『暮らしの手帖』がモデルで、常子が同社社長の大橋鎭子、花山が伝説の編集長・花森安治という設定だ。

撮影■高柳茂


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新朝ドラヒロインの高畑充希 宇多田主題歌に大感激
全盛期の発行部数100万部超 『暮しの手帖』編集者を描いた本
戦後の高額納税者を見ながら時代と共に戦後日本を振り返る本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。