ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤクザやいじめなど日本的な要素取り入れたアンの物語

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【マンガ紹介】『アンのマゴマゴ図書之国(3)』樋口橘/白泉社/463円

 1908年に発表され、今も世界中で愛されている小説『赤毛のアン』。シリーズの中でもアンと幼なじみ・ギルバートのじれったい関係を背景にした最初の3冊は特に読みごたえがあって私も大好き。

 アンのキャラクターやギルバートとの恋は、名作『キャンディ キャンディ』などをはじめ少女マンガにも少なからず影響を与えてきました。

 そんな王道『赤毛のアン』の世界観を取り入れた最新少女マンガが樋口橘『アンのマゴマゴ図書之国』です。本作ではアンのストーリーを、ヤクザや宗教団体、いじめや複雑な家庭問題を描く現代日本の話とマッシュアップ! 刺激的なファンタジーとなっています。

 ヤクザの娘・アンは思い込みが激しい、ちょっと残念な女の子。彼女の住む町は謎の新興宗教マゴ教に巣くわれつつあります。ある日、マゴ教の神様に「図書之国」という異世界に入れられてしまったアン。

 与えられた課題図書『赤毛のアン』のストーリーを自分が主人公になってちゃんと完結させないと、このおかしな世界から出られない!?

 図書之国では現実世界のアンの周囲の人々が『赤毛のアン』のキャラとして登場します。思わぬキャスティングにのけぞったりもしながら(親友・ダイアナ役にぜひご注目ください)、気になるのは素敵なギルバート役の人物とのあいだに本当に恋が生まれるのかどうか。

 3巻からはいよいよ『赤毛のアン』と重なる物語が走り出して、「石板事件」や「恋人たちの小道」などファンにはたまらない引用もたっぷり。物語内物語という複雑な設定によって、臨場感あふれる新しいアンの世界に誘われます。

(文/横井周子)

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
赤毛のアン舞台 カナダのプリンス・エドワード島を辿る一冊
『赤毛のアン』 当初の翻訳タイトル案は『夢みる少女』だった
『花子とアン』原作者が語る 花子は「愛情がエンジンの人」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP