ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金運に恵まれている人の財布 手にするたびに豊かさ実感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 財布の中をきちんと整理すると、開運につながると言うのは、風水建築デザイナーの直居由美里さん。そこでお金の使い方や財布選びのポイントを教えてもらった。

 * * *
 風水は住まいの気を整えるものですが、財布の中をきちんと整理することも、開運につながります。 家中を隅から隅まで整った状態に保とうとしても、忙しい日もあります。家族が生活していれば、手が行き届かない場所も出てくるでしょう。

 その点、財布を管理することは思い立ったらすぐできて、時間もかかりません。ぜひ、毎日の習慣にしてください。

 東洋には庭園や盆栽などで「一部分に全体を象徴させる」という思想があります。日本庭園では池を海、築山を山と見立てて一つの世界をそこに見ます。盆栽も、1本の木の背後に広がる風景を観賞します。「財布を見れば、その人の金運がわかる」といわれるのも、その流れです。

 そして、お金にとって財布は、家のようなもの。お金の家が乱れていては、お金は外に出て行こうとするでしょう。ですから、お金にとって居心地のいい環境をつくってあげることが大切です。

 金運に恵まれている人の財布は、手にするたびに豊かさが実感できるものです。何年も使ってボロボロになった財布、バーゲンで安かったから買った財布、人からプレゼントされ、気に入らないけれどとりあえず使っている財布では、金運はパッとしません。

 色は何色でもかまいません。ただし、お金を増やして人生を大いに発展させていこうという人には、黒い財布はあまり適していません。風水では、黒は停滞や安定を示します。反対に年金生活で、少しでも出費を減らして地道に暮らしたいなら、黒い財布も悪くありません。

 形は、二つ折りや薄いものよりも、厚みがあってふっくらとした長財布がベストです。どんなに高級な財布や、ブランド財布でも、中に入っているのが小銭だけではアンバランスです。

 しかし、お金がたくさん入っていればいいというものではなく、一万円札や五千円札、千円札がランダムに無造作に入れられていると金運は途端にマイナスに向かいます。自分の財布の中にいくら入っているか把握していないようでは、お金を増やすことはできません。

 お札と小銭は別々に入れます。そして、お札は高額紙幣から奥に入れ、手前に千円札がくるようにします。財布から出す時に、野口英世や樋口一葉、福沢諭吉と対面する向きに収納してください。これでお金としっかり向き合い、有意義な使い方ができるようになります。

「お金が出て行かないように、上下を逆にして財布に収納する」という説もありますが、私はそうは考えません。お金は循環させてこそ大きくなっていくもの。貯金通帳に入れたお金なら、手をつけないのは賢い選択ですが、財布は出すためのお金を入れるアイテムであって、お金を貯めるものではありません。

 支払い方にも金運を上げるコツがあります。買い物では、なるべく大きなお金を出さないように、小銭から使いましょう。

 数百円の支払いに一万円札を出すのは感心しません。店員さんは表面上、嫌な顔をしないかもしれませんが、大量のお釣りを数えるのは神経を使うものです。「面倒なお客だ」というネガティブな思いがお札に込められる恐れがあり、財布にそんなお札を入れたくないものです。

 小銭で財布が膨れるのがいやなら、電子マネーを活用するなど、スマートな支払いを心がけてください。そして、財布から出て行くお金には「大きくなってまた私のもとに戻ってきて」と念じながら、気持ちよく支払いましょう。

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
風水で財布選ぶ小森純 長財布にしてから馬券で29万円ゲット
投資成功の松居一代 金運UPのため涙流し新財布へ中身を交換
お金を大事にする方法 「1円玉が落ちていたら拾う」人も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP