ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元少年A 直撃取材のたびに住居変えられる潜伏生活の秘密

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 事件から18年目となる昨年6月に『絶歌』(太田出版刊)と題する手記を発表した「元少年A」に『週刊文春』(2月18日発売号)が直撃取材した。記者への発言や記者を追いかけ回す様子は、医療少年院での治療を経て2005年に“社会復帰”したAの更生を強く疑わせる内容だった。それに加え、新たな疑問も浮かび上がる。

 Aの「機動的すぎる潜伏生活」に関する疑問だ。

 昨年6月の手記出版以降、最初にAの暮らしに迫ったのは『女性セブン』(2015年7月30日・8月6日号)の報道だった。全国を転々としていたAが2010年から静岡県浜松市で暮らすようになり、手記出版直前の昨年4月に東京都内のマンションに居を移したことを報じた。Aとされる人物への直撃取材も行なっている。

「その後、すぐにAはそのマンションから姿を消し、首都圏で転居を繰り返していたとされます。医療少年院を出てからも居所を常に把握していた当局も、Aの動きを追いかけるのに苦労するようになったようです」(警察関係者)

 前述の週刊文春の記事では、昨年秋以降、神奈川県内のアパートやマンションをAが転々としていたと報じられており、昨年12月から暮らし始めたという東京都内のアパート近くで直撃取材が行なわれた。

 そして、「やはりその直後から、暮らしていたアパートには姿が見えなくなった」(同前)というのである。

 いくらAがメディアの追跡を逃れようとしているとはいえ、ここまで頻繁に住居を変えるのは容易ではない。手記が25万部のベストセラーとなり、数千万円の印税収入があったことを考えれば費用的には可能なのかもしれないが、移る先を探して確保し、荷物をまとめて移動するという作業だけでも、一人でやるには相当な労力が必要になる。なぜそんな芸当が可能なのか。

◆まだ書きたいことがある

 前出の警察関係者はこんな言い方をする。

「名前を変えているので、引っ越しの際に気付かれて物件を借りられなくなることはない。新しい名前で旅券を所有していると見られているから、身分証には困らない。保証人不要のウィークリーマンションも今はいくらでもある。

 ただ、メディアの直撃取材を受けてすぐに姿をくらませられるのは、暮らせる場所があらかじめ複数確保されていると考えるのが自然だろう。協力者がいれば、そうした準備や荷物の移動も難しくはない」

 つまりAに支援者がいるのではないかとみられているのだ。

「Aが暮らしていた部屋に出版関係者が出入りするところが目撃されている。手記の第2弾も計画されているのではないか」(同前)

 本誌は、手記の発行元である太田出版の岡聡・社長にそうした支援の実態があるのか、直撃した。

──Aが頻繁に居場所を変えるのを支援しているのではないか。

「なにも申し上げることはありません」

──Aが部屋を借りる際に保証人になったりしているのではないか。

「コメントはありません」

 何を聞いても、そう繰り返すのみだった。

 支援の実態は明らかではないが、一方で専門家からは直撃取材を受けたAが見せた激しい反応について、懸念の声があがっている。犯罪者の心理に詳しい、臨床心理士の矢幡洋氏が解説する。

「記者とのやり取りをみると、いまだに彼の過剰な攻撃性は矯正しきれていないといっていいでしょう。

 また、記事からは彼の自己愛とそれに基づく演出が読み取れます。直撃取材を受けて、Aは実は喜んでいたのではないでしょうか。記者に声をかけられても最初は『違います』と微笑を浮かべていたといいますが、こうした余裕の笑みに自己愛や自己顕示的なものが感じられます。

 その後の反応も、キレているようで、自分の見せ方を意識しながら行動している面もあります。わざと露悪的に振る舞って、少年Aという“ブランド”を作り、自著やメルマガを売る。犯罪ブランドを利用してもっと利益を得ようとしているのではないか」

 たしかにAは手記出版後も、昨年8月に複数の出版社宛てに手記執筆の経緯を綴った長文の手紙を送りつけ、同時に自身の公式HP立ち上げを宣言した。以後、不定期でブログを更新するなど、目立とうとする意思を隠さない。

 1997年に当時14歳だったAにナイフで腹部を刺されたものの、奇跡的に生還した被害女性・織田史子さん(仮名)の母親は静かにうなだれる。

「Aにはとにかく、ただ真面目に静かに生きて、少しずつ償いを果たしていってほしいと思っています。なのになぜこんな風に目立とうとばかりするのか……」

 Aを巡る環境は、本当にこのままでいいのか。

※週刊ポスト2016年3月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
少年Aの手記 遺族の理解得られぬと別の出版社はお蔵入りに
元少年A直撃記事に被害者女性「恐ろしさを感じました」
紀藤弁護士 凶悪犯罪知名度利用し法外収入の事態放置するな

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP