ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シリコンバレーで大人気の出張クレープ専門店「クレープマダム」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サンフランシスコ市内のソーマ地区にあるクレープ専門店「クレープマダム」。その名の通り、一人の美しきマダムが大きな夢を持って始めた店なのです。


(C) Crepe-Madame

幼い頃から自分の店をカリフォルニアに持つことを夢みていたマダム。ある日、マダムがフランスで食べたクレープの美味しさに心を動かされ、クレープの店を作りたいと思い、2012年6月にサンフランシスコで「クレープマダム」をオープンさせました。


(C) facebook/Crepe-Madame

マダムがこだわるクレープの味

「クレープマダム」のクレープ生地は、おかず系クレープ、デザート系クレープ共に、グルテンフリーになっています。小麦粉ではなく、そば粉を使うことでよりヘルシーに。


(C) facebook/Crepe-Madame

また、食材は地元のファーマーズマーケットで買い付け 、新鮮でベストな状態のものを使っています。ソースやチョコレートもオーガニックの素材だけを使って作った自家製のもの。マダムは「ダイエット中の人にも心配しないで美味しく食べて欲しいわ!」と言っています。これが健康思考、オーガニックブームのカリフォルニアの中で「クレープマダム」が注目されている一つの理由です。


(C) facebook/Crepe-Madame

フランスを思わせるような店内

「クレープマダム」の店舗はこじんまりとしていますが、パリの小路にありそうな素朴で可愛らしいインテリアになっています。大きなソファーでくつろぎながらクレープを一口ずつゆっくり堪能したくなります。一階と二階にイートインスペースがありますが、席数が少ないので確実に入りたい時は予約をすることも出来ます。


(C) momo

会社でクレープ!?ケータリングサービスが好評!


(C) facebook/Crepe-Madame

「クレープマダム」はただのクレープ屋ではありません。会社やイベント会場にクレープのケータリングサービスを行っており、そのパフォーマンスが今評判を呼んでいます。アメリカの会社はケータリング文化。 朝、昼、夕と全てケータリングを取っているところもあり、社員が働きやすい環境にしているという会社も多いのです。

そこでマダム率いるスタッフが、ミュージックに合わせながら観客の前でクレープを焼き上げるというケータリングサービスを始めました。このパフォーマンスが好評で、シリコンバレーの会社から予約殺到。amazon、Apple、facebookなどの有名企業からもマダムは呼ばれます。


(C) facebook/Crepe-Madame


(C) facebook/Crepe-Madame

「OMG!!ここのクレープは本場フランスの味で本当に美味しい!マダムやスタッフの笑顔もとても素晴らしいね!」「彼女たちの情熱的なパフォーマンスと美味しいクレープでハッピーになった、会社でこんな体験ができるなんてとても嬉しい」

と絶賛の声が続出しているそう。


(C) facebook/Crepe-Madame


(C) facebook/Crepe-Madame


(C) facebook/Crepe-Madame

写真からも楽しそうな雰囲気が伝わってきます。心もお腹も満たしてくれる「クレープマダム」。クレープの味だけでなく、マダムの明るいお茶目な人柄に今日も多くの人が魅了されています。

[Crepe-Madame]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。