体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

起業すればするほどリスクヘッジになる!?「ポートフォリオアントレプレナー」とは?

起業すればするほどリスクヘッジになる!?「ポートフォリオアントレプレナー」とは? Business men working in the office

岩佐 大輝/Hiroki Iwasa

1977年、宮城県山元町出身。大学在学中の2002年にITコンサルティングを主業とする株式会社ズノウを設立。東日本大震災後は特定非営利活動法人GRAおよび農業生産法人GRAを設立。先端施設園芸を軸とした東北の再創造をライフワークとする。日本およびインドで5つの法人のトップを務める。著書に『99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る』(ダイヤモンド社)、『甘酸っぱい経営』(ブックウォーカー)がある。

国内外に5つの法人を抱える岩佐大輝氏。同時にそれだけの会社を回すことは不可能ではないかと考えてしまうが、複数の会社を運営することは、逆にプラスの効果を生み出すことができると岩佐氏は語る。自身のことを「ポートフォリオアントレプレナー」と呼ぶ岩佐氏に、経営の考え方を伺った。

事業を増やして
ポートフォリオアントレプレナー
になる!

ーー岩佐さんは現在、複数の会社を経営しているそうですね。

岩佐 株式会社GRAという農業生産法人を宮城県の山元町で、NPO法人のGRAを東京及び宮城県で運営しています。それに加え、GRAインディアという現地法人がインドにあります。あとは私が24歳の時に創業した株式会社ズノウと、化粧品を日本で製造してタイや香港、台湾、中国で販売している株式会社イチゴの、計5社がメインですね。正確にはもう数社あります。

ーーすごい…今後も運営していく会社の数は、増やしていこうと考えているのでしょうか?

岩佐 そう思っています。関わる国が増えたり、仕事の範囲が広がったりすれば、十分にあり得る話ですね。

ーーあまり増えてしまうと、手が回らなくなるんじゃないかと考えてしまうのですが、そういうことはないのでしょうか?

岩佐 一言に「経営」と言っても、いろいろなかたちがあると思うんです。たとえば会社を作っては売る、作っては売るという行為を繰り返すアントレプレナーもいますよね。

ーー連続起業家ですね。

岩佐 はい。でも、私の場合は自分のことを「ポートフォリオアントレプレナー」と呼んでいます。つまり、自分が経営する会社をポートフォリオ(ここでは“自分の能力や価値を周囲に伝えるための自己作品集”の意)として管理することを重視しているんです。既存事業は売らないし捨てない。

簡単に言うと、今までの経営資産を売るのではなく、新しく興味のある事業にマージさせるんです。資産として蓄積していくんですね。

旧態依然の会社でも
イノベーションは起こせる

ーーどんなメリットがあるんでしょうか?

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会