ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「イラッ」とする教えにこそヒントあり!愛される女の作り方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

“読み始めて「イラッ」とするページは、何度も読んでみてほしい。「イラっ」とするってことは、素直に読めない何かが引っかかってるかもしれないから。”

『結婚したいと言わせる、愛される女になる本。』(アンドウミカ/イースト・プレス)の「はじめに」からの引用だ。どんなに多くのモテテクを読んでも、読み手に受け入れる姿勢が無ければ無意味である。本書より、受け入れさえできればきっと誰でも「愛される女」になれる教えを紹介していこう。

 

 

2ヶ月続ければ「努力」は「当たり前」になる

「短所を抑えましょう。太っている人は痩せて、ガサツな人は清楚に振る舞いましょう」などと言われても、「イラッ」として受け入れられない人が多いハズ。「わかってるよ、けど努力なんてできない!」そう考えるとストレスだ。

本書では、「努力」についてこう記載されている

“人の脳は2ヶ月でルーティンを覚えるから、最初は努力だと思っていたことが日々の当たり前になる。”

お風呂上がりのエクササイズ、寝起きのケア。何でも日々繰り返しやり続ければ、精神的にも負担じゃなくなる。2ヶ月、「頑張る」のではなく、「体に覚え込ませる」のだ。

 

努力している人ほど「何にもしていない」と言う。それは嘘でも謙遜でもない。努力を体で覚えた結果、当たり前になっているからそう言えるのである。

 

 

ギャップ萌えを狙う前に自分のキャラを知るべし

「ギャップ萌えを狙え」と言われて「ギャップ以前に、自分のキャラがつかめてないし……」と反感を覚えてしまう方。自分自身のキャラクターと向き合う覚悟をそろそろ持ってみてはいかがだろうか。

 

自己分析も大事だが、友達に聞いてみることを本書では推奨している。特に、

“女友達から見た印象と男友達から見た印象が全然違う人も稀にいるので、できれば男友達にも聞いてみよう”

実際、自身のキャラクターを把握せずにギャップだけ見せようとして失敗することは多い。「いつもは清楚だから飲み会の席では明るく振る舞おう」としてみたら「地味な女のクセに酔ってバカ騒ぎしてる」と幻滅されてしまう、なんてことにも。地味と思われているなら飲みの席だけ少しおめかししてみるなど、工夫の仕方は他にある。

 

怖いと思うかもしれないが、まずは周りから見た自分自身を知ることがたいせつだ。

 

 

愚痴を言わないのではなく、「ウザくない愚痴り方」を覚える

人に「愚痴を言うな」と言い、「うるさい、愚痴ぐらい言わせろ!」と逆ギレをされてしまった経験が私にもある。比較的女性が相手の場合が多い。男性だと素直に謝るが、女性は愚痴を言わなければ生きていけないのだろう。ただ、それで開き直られても困る。

 

本書に書かれているのも

“ウザくない愚痴り方をマスターしておこう”

ということ。具体的には、”アイス食べたら落ち着くから”の一言だ。アイスでなくても、何か落ち着くきっかけが明示されれば、それだけで聞く側の負担も減る。

 

愚痴られる側の男性は、問題の解決策を考えてしまうもの。それが不要なら「今の間、愚痴だけ聞いてほしい。気持ちを落ち着かせたいだけだから」という旨をしっかり伝えよう。

ただ愚痴を聞かされるだけなら、男性はどうすればいいのか戸惑ってしまう。挙げ句、「また愚痴か。面倒だなぁ」と聞く耳さえ貸してくれなくなる。慰めてほしいなら「慰めて」とアピールしなければ、男性という鈍感な生き物には気づいてもらえないものだ。

 

本書で紹介されていることを冷静に読んでいくと、「当たり前」と思うことも多い。けれどその「当たり前」のことをできない人が多く、他のいろんなハウツーに書かれていても「そんなの知ってる!」と、つい反感を覚えるだけだ。

 

やることは「受け入れる」だけ。それさえできれば、どんな本や記事からでも学べることが多いハズだ。「努力」をするのではない。ただ「当たり前」のことをやっていこう。

 

ライター:平原学[ひらばるまなぶ]
ショートショート『汽笛』で2000年おはなしエンジェル子ども創作コンクール優秀賞。2001年、長編小説『レインボーロードスーパーバトル』で第4回日本自費出版文化賞入選。2013年第3回ツイッター小説大賞佳作。2013年、長編小説『ゴオルデンフィッシュ』(文芸社)出版。2014年より恋愛コラムニスト・イベントレポートライターとしても活動中。
ブログ:一日一話の創作部屋『スミズミまできく!バルさん。』 (http://ameblo.jp/iwanttobekreva/)
Facebookページ(http://on.fb.me/1LwSZvX
Twitter(https://twitter.com/chocolatesity

関連記事リンク(外部サイト)

非婚男子も「結婚したい」と心変わり!彼が結婚したくなるフレーズ3つ
「美人じゃなくてもモテ女子」に聞いた愛される4つの理由
恋人が自分のどこを好きで選んでくれたらうれしい?●●はNGワードだった!!
「草食系」の実体って?サークルクラッシャーに学ぶ、現代の男たちの本性
こんな男性いるいる!合コンあるある第一弾「OLコンパ要員斡旋所」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP