ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マッサージはNG!? つらい「寝違え」の原因と対処法とは

  • ガジェット通信を≫


朝起きた瞬間に、首を動かそうとして激痛を感じたこと、誰もが一度は経験があると思います。 寝違えは、首の痛み加えて、特定の方向を向けず、一日中不快な気持ちになりますよね。

今回は、寝違えが起こる原因やその対処法などについて、医師に解説していただきました。

同じ方向を向き続けると寝違えやすい?

寝違えとは、首や肩の筋肉に起こる炎症です。いわゆる筋肉痛と同じたぐいと考えると分かりやすいでしょう。 普段使っていない筋肉を長時間にわたって使うと、痛みが起こります。

また、動かさなくても長時間じっと力を入れていると(例えば、重いものを持ち続ける)同じように痛みを感じますが、これと同じ状態が寝違えです。睡眠中に一定の方向をずっと向き続け、かつ力が入っていると、首や肩の筋肉に負担が掛かり、炎症が起こります。

短時間だと問題ありませんが、これが一晩続くと痛みとして自覚するようになります。また、睡眠中に夢を見ていたり、何かの理由で強く力が入った状態だったりすると、この寝違いは悪化するようです。

マッサージはNG!? 寝違えたときの正しい対処法

寝違えてしまった場合に、もんだり無理に首を回したりすることがありますが、これは逆効果で、炎症を起こしてダメージを受けた筋肉をさらに悪化させることになります。なるべく力を入れないようにして、筋肉を休めましょう。また、少し冷やした方が症状は楽になります。

あまりにも痛みが強い場合は、鎮痛剤の飲み薬もある程度は効果的です。

【医師からのアドバイス】

寝違えを防止することはなかなか難しいですが、一つは枕選びがポイントとなります。寝返りを打っても、首に無理な力が掛からないように、首や頭の形にフィットしたものが理想的です。

あとは、どうしてもストレスが多いときには、寝ているときに筋肉に力が入るようです。精神的なストレスはなるべくためないようにし、寝室の環境(明るさや温度、音)にも十分注意を払うとよいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

デスクワーク中に最適!今すぐできる、首・肩コリ解消ケア
肩こりの原因は首にあった?カラダに様々な悪影響を及ぼす「ストレートネック度」を調べてみよう
2月2日は「頭痛の日」。頭痛のタイプと対処法をチェックしよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP