ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハリウッド実写映画版『鉄腕アトム』をニューライン・シネマが製作開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニューライン・シネマは、実写映画版『鉄腕アトム』の製作に向けて交渉を進めており、映画『カリフォルニア・ダウン』の脚本を手掛けたアンドレ・ファブリツィオとジェレミー・パスモアが、脚本を執筆するために起用された。

オーストラリアのアニマル・ロジック・エンターテインメント(映画『LEGO(R)ムービー』)と手塚プロダクションが実写映画版『鉄腕アトム』の企画を発表して1年後に、製作開発が始まった。

2009年に公開されたCGアニメーション映画『ATOM』は、香港の製作会社イマギ・アニメーションにより6500万ドルの予算をかけて製作された。同作は、手塚治虫による漫画とアニメシリーズをもとに、映画『チャーリーとチョコレート工場』で主人公の少年チャーリーを演じたフレディ・ハイモアがアトムの声を担当し、全世界で4000万ドルの興行総収入を上げた。

『鉄腕アトム』は、1951年から68年にかけて連載された日本の漫画シリーズで、全世界で1億を超える部数を売り上げた。また、1980年と2003年には、アトムを主人公にしたテレビアニメシリーズも放送された。

実写映画版『鉄腕アトム』は、アニマル・ロジックのザレー・ナルバンディアンがプロデュースし、ジェイソン・ラストが、レンジャー・セブン・フィルムスのマイク・キャラハン、ルーベン・ライバーと共にエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。

アニマル・ロジックは、『LEGO(R)ムービー』、『ハッピー フィート』、『華麗なるギャツビー』、『ハンガー・ゲーム2』、『300 〈スリーハンドレッド〉』を含む映画のデザイン、アニメーション、視覚効果を手掛けている。同社は現在、『レゴ(R)ニンジャゴー』や『レゴ(R)バットマン』、中国の映画監督チェン・カイコーが手掛ける『The Monk(原題)』を製作中だ。

ファブリツィオとパスモアは、もともと、新しい映画のアイデアとして『カリフォルニア・ダウン』の原案となる脚本をニューライン・シネマに売却し、その後、2015年に公開されたドウェイン・ジョンソン主演のアクション映画として脚本を執筆した。ファブリツィオとパスモアは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、アパーチャ・エンターテイメントのアダム・ゴールドワーム、イクリプス法律事務所のロバート・スジーマンスキーと代理人契約を結んでいる。

ニューライン・シネマについてのニュースは、ハリウッド・リポーターが最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP