ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初の日本人観光客になろう!まだ知られていない世界の美しいスポット5ヶ所

DATE:
  • ガジェット通信を≫

訪れた国はなんと70ヶ国以上!年間150日は海外のホテルに宿泊している、トラベルジャーナリストの寺田直子さんが選んだ、初の日本人ゲストになれるかもしれない観光地5つをご紹介いたします。

休暇を取る事が難しい人でも、5日間あれば行ける場所の選択枠は広がって来るので、是非海外へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ラトビア「リガ」

phto by Bryan Ledgard

「世界一美しい国」に選ばれたラトビアは、ヨーロッパのバルト海を挟んで反対側にあります。ロシアの首都モスクワから飛行機で約1時間の距離です。現在、世界の80を超える都市からの直行便を運航しています。

ラトビアの首都リガは「バルト海の真珠」といわれ、カラフルな建物が並ぶ旧市街は世界遺産に登録されています。まるで絵本の中に迷い込んでしまった様な街には、お土産スポットが満載です。

予算:12万円~
ベストシーズン:6月~10月初旬
日本からの移動時間:約13時間

 

インドネシア「ロンボク島」

photo by David Stanley

インドネシアの「ロンボク島」はバリ島の東隣に位置している島です。どこまでも透き通る海と、真っ白な美しいビーチが数多く存在する楽園で、海岸部全体がダイビングスポットやシュノーケリングスポットの楽園になっています。

バリ島とは違い、人の手があまり加えられていない島本来の自然がたくさん残っているので、のんびりとした時間を過ごすことが出来ます。

予算:16万円~
ベストシーズン:5月~10日
日本からの移動時間:バリ島経由で約8時間

 

フランス「サン・シル・ラポピー」

photo by shutterstock

フランスで最も美しいと言われる街「サン・シル・ラポピー」は、13世紀~16世紀の姿を留め、近代的な建物や電光掲示板などは一切存在しません。

コンビニや自動販売機なども存在しません。村にあるのはロット渓谷のフレッシュな空気とゆっくりとした時間だけです。断崖上に並ぶ石造りの建物や、急な坂道に立ち並ぶ民家はまるでおとぎ話の世界に迷い込んでしまった様です。

予算:13万円~
ベストシーズン:6・7・9月
日本からの移動時間:パリまで12時間。パリからトゥールーズへ移動。そこから車で約2時間。

 

オマーン「ジギーベイ」

photo by shutterstock

ペルシャ湾とオマーン湾に突き出した半島の先端にあるジギーベイは、オマーンの飛び地の為、一度で2ヶ国訪問できる穴場スポットです。

ドバイから車で約2時間進むと、最高級リゾートの「シックスセンシズジギーベイ」に到着します。透き通る海と緑豊かな自然が楽しめます。

ショッピングを楽しみたいのであれば、ドバイへ日帰りで行くことができるので便利です。

予算:30万円~
ベストシーズン:4月~10月
日本からの移動時間:ドバイまで約10時間。ドバイから車で約2時間。

 

アメリカ「モロカイ島」

photo by  PatrickMcNally

モロカイ島は、ハワイ諸島のオワフ島から南東に40km、マウイ島から13kmの距離にある東西に細長い島です。フラ発祥の地でもあり、白浜が美しいハワイ最大のビーチ、パポハクビーチがあります。

人口の50%以上がハワイアンで信号機が一つもなく、手つかずの美しい自然が残っているモロカイ島は、ハワイ諸島の中で一番のんびりとした時間が過ごせます。

予算:15万円~
ベストシーズン:3月~11月
日本からの所要時間:ホノルルまで約7~9時間。ホノルルから国内線で約30分。

 

まとめ

旅行の最大の魅力は、非日常を感じられることだと思います。日本人があまり訪れていない国へ行って、非日常を思う存分に味わってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP