ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本初上陸! ミツバチの毒入り韓国コスメ『a.c.care』はアンチエイジングに効く

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
110913a.c.care.jpg

韓流スターってスタイル抜群で男性も女性もなぜみんな美しいの~! とうっとりしつつ、9月7日発行の韓国エンタメ紙『韓Fun』を読んでいたら、びっくりするようなコスメが9月1日に日本初上陸のニュース。
「カタツムリ・クリームに続き、ブレーク間近なのがミツバチの毒のスキンケアコスメ」ということなのですが。毒なんてホント、大丈夫なんでしょうか?
 

■ 古代エジプトで「魔法の薬」、古代ギリシャで「神秘的な薬」
ミツバチが女王蜂を守るために使っていたという毒を、古代エジプトでは、『治療用の魔法の薬』として使っていたそうです。また、古代ギリシャではヒポクラテスが、『神秘な薬』と話したことから、医学の分野で広く浸透していたとのこと。
アジア地域においては、韓国で古くから皮膚炎、リューマチ性関節炎などの抗炎症剤として、民間療法や漢方療法で活用されていてなじみが深かったようです。近年、韓国の農業振興庁(日本の農林水産省にあたる公的機関)が、皮膚細胞のコラーゲン生成と皮膚再生促進能力に優れていることを発表したことで、化粧品に取り入れられるように。

私は蜂に刺されたことがありますが、毒の浸透するあまりの速さにびっくりしました。
あの速さで皮膚再生力を促進するのなら即効性のあるコスメなのかもしれないですね。
古代エジプトや古代ギリシャでは医学の面で活用されていたそうですが、まさか韓国でにきびに効くという効果が注目されてアンチエイジング・コスメとして進化していったとは、ヒポクラテスも驚いているかもしれません。ミツバチの毒コスメは特に3つの効果が期待できるそうです。

■ 抗菌、抗炎症、傷治癒力が高い
肌トラブルが起こったときに、ミツバチ毒を投与すると、未投与時よりも80%以上皮膚再生を行うことが実証済み。これは、ミツバチ毒の抗菌、抗炎症、傷治癒力が高いため。

■ シミを排出して、シワ・たるみを回避するアンチエイジング効果
コラーゲンの生成機能を活性化させるので、肌の代謝がUPして、できてしまったシミをスムーズに排出。また、不足しがちなコラーゲンを補って、シワやたるみを回避するアンチエイジング効果も。

■ 代謝のよい若々しい肌をキープ
皮膚細胞成長因子の生成率を高めて、皮膚の活性化を促すと同時にターンオーバーを正常に戻す働きもあるため、代謝のよい、若々しい肌をキープできる。

この猛暑でお肌の皮膚再生力が滞っている方も多いのでは。韓国のコスメ通の間でアンチエイジング効果が評判となり、昨年半年待ちだったという大ヒットコスメのパワーを投入して、秋にむかってお肌を整えていってみてはいかがですか?
a.c.care
(まりこ)


(マイスピ)記事関連リンク

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。