体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Kalafina 初の単独メキシコ公演が大盛況で終了、現地テレビにも生出演

エンタメ
Kalafina 初の単独メキシコ公演が大盛況で終了、現地テレビにも生出演

Kalafinaが、自身初となるメキシコ単独ライブを2016年2月20日(※現地)に、メキシコシティーにあるライブホールEl Plaza Condesa(1,800人キャパ)で開催した。

ライブでは最新アルバム「far on the water」からの楽曲はもとより、「to the beginning」、「believe」、「One Light」など全21曲を披露。メキシコでも大人気のアニメ主題歌も多数披露し、ネットや様々なメディアでKalafinaを知るメキシコのファンたちも、初のライブでメンバーを目前に熱狂した。

冒頭のMCではスペイン語で自己紹介を行い、Wakanaは日本語で「私たちのライブを最後まで楽しんで下さい。」、Keikoは英語で「Let’s enjoy tonight’s together!! 」(「今夜のライブを一緒に楽しみましょう!」)、Hikaruはスペイン語で「初めてKalafinaを見た人?」「アニメの好きな人??」など会場のファンたちに質問すると、会場からは大歓声とともに、ほとんどの観客たちが大きく手を上げた。

初のメキシコでのライブということもあり、地元のファンであふれる熱気でライブは大盛況の中終了した。ライブ終演後にはVIPチケット購入者限定でサイン会を行い、本番終了直後のメンバーも現地ファンとダイレクトに接することで改めてメキシコでの自分らの支持をさらに感じる事が出来た。

今回のメキシコ公演前日には地元テレビ局MVS Multivisionの「NuMusic」での生出演他、ラジオ番組収録、約30のメディアからの取材など初のメキシコでのプロモーションも行われた。

また、今回のメキシコライブに向け、メキシコでの現地製造盤も発売。最新アルバム「far on the water」(2015年9月16日リリース)はすでに台湾盤・韓国盤・タイ盤・中国盤、そして今回のメキシコ盤と世界5カ国での現地製造盤が流通し、これまでの作品も含めてCDリリースの実績は全世界16ヶ国、iTunesなどの配信サイトでも53ヶ国で配信されている。

ライブセットリスト
M-01. into〜Magia
M-02. obbligato
M-03. identify
—MC—
M-04. ARIA
M-05. oblivious
M-06. 五月の魔法
—MC—
M-07. 満天
M-08. to the beginning
M-09. ひかりふる
M-10. 君の銀の庭
M-11. misterioso
—MC—
M-12. One Light
M-13. believe
M-14. destination unknown
M-15. Kyrie
M-16. 音楽
—MC—
M-17. アレルヤ
—Encore—
EC-01. overture〜heavenly blue
EC-02. sprinter
—MC—
EC-03. ring your bell
EC-04. far on the water

関連リンク

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会