ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : Gionee、3D Touch機能を搭載した「Elife S8」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー Gionee は 2 月 22 日、MWC 2016 イベントで同社の新しいフラッグシップスマートフォンとなる「Elife S8」を正式に発表しました。Elife S8 は、5.5 インチ 1.920 × 1,080 ピクセルのディスプレイや MediaTek Helio P10 MT6755 オクタコアプロセッサを搭載したハイエンドモデルで、iPhone 6s の 3D Touch のような感圧タッチ機能を新たに実装しています。筐体はフルメタルボディと 2.5D 仕様のカバーガラスによって、エレガントな雰囲気を醸しだしています。また、狭額縁設計を採用するなど非常にコンパクトに作られています。Elife S8 ではカメラ機能を強化したところが大きな特徴で、メインカメラには RWB 方式のイメージセンサーと F1.8 の明るいレンズを採用したことで、感度の向上とノイズの軽減を実現しました。また、PDAF の高速なフォーカス機能も新たにサポートしています。このほか、4GB RAM、64GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、3,000mAh バッテリー、AKM4961 HiFi チップを搭載しており、デュアル SIM や VoLTE をサポートしています。Elife S8 は Android 6.0 Marshmallow ベースの Amigo 3.2 UI で発売されますが、6 月には Amigo 4.0 にアップデートされる予定です。Source :

■関連記事
NTTドコモ、カメラを搭載しないAndroidフィーチャーフォン「SH-03H」を法人向け2月26日に発売
Sony Mobile、Android 6.0版Concept for Xperiaのアップデート版(3536)をリリース
MS ContinuumやMHL接続をサポートした14.1インチのノートPC型ドック「NexDock」がIndieGoGoで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。