ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : Garmin、心拍センサー付きGPSスマートウォッチ「Vivoactive HR」と新型スマートバンド「Vivofit 3」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米 Garmin は 2 月 22 日(現地時間)、GPS スマートウォッチの新モデル「Vivoactive HR」とリストバンド型活動量計の新モデル「Vivofit 3」を発表しました。Vivoactive HR は、昨年発売された Vivoactive の改良版で、リストバンド内側に光学式の心拍センサーが追加され、日々の行動や運動時の心拍数をこれだけで計測することが可能になりました(常時トラッキングも可能)。また、トレーニング中に特定の心拍数に達すると、Vivoactive HR が振動で伝える機能も実現しています。ランナーにとっては理想的な GPS スマートウォッチになりそうです。本体は前モデルのようなスクエア型のタッチディスプレイを搭載しており、GPS からランニング、サイクリング、ウォーキング時のスピード、ペース、ラップ、移動距離、移動軌跡などをロギングすることのほか、ゴルフナビとしても利用できます。Garmin 製なので、Auto Lap や Auto Pause、ラップなどのアラート機能も搭載。また、50m 防水に対応しており、水泳中のデータ計測も可能です。スマートウォッチとしての機能は、スマートフォンの通話やメッセージ、通知を転送したり、スマートフォンファインダーを利用することなどです。バッテリーの持ちについては、GPS OFF のアクティビティトラッキングモードで最長 8 日、GPS ON のトレーニングモードで最長 13 時間だと言われています。Vivoactive HR の価格は Vivoactive と同じ $249 で、米国での発売時期は 2016 年 Q2 です。Vivofit 3 はリストバンド型活動量計「Vivofit 2」の後継モデルで、新モデルでは、アクティビティの種類を自動的に識別して記録する「Move IQ」機能と、運動強度とその持続時間を記録する機能(intensity minutes)が追加されました。Vivofit 3 は、手首に装着して生活することで、日々の歩数や移動距離、消費カロリーなどの活動データを計測するほか、ランニングやウォーキング、サイクリングでもトレーニングのデータを計測できます。Vivofit 3 の価格は $99 ~ $119(モデルによって異なる)で、米国では 2016 年 Q2 に発売されます。Source : Garmin(Vivoactive HR)(Vivofit 3

■関連記事
NTTドコモ、カメラを搭載しないAndroidフィーチャーフォン「SH-03H」を法人向け2月26日に発売
Sony Mobile、Android 6.0版Concept for Xperiaのアップデート版(3536)をリリース
MS ContinuumやMHL接続をサポートした14.1インチのノートPC型ドック「NexDock」がIndieGoGoで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP