ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Motorola、大容量バッテリーのSIMロックフリースマートフォン「Moto X Play」を3月に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Motorola Mobility の日本法人は 2 月 23 日、昨年同社がグローバル向けのフラッグシップとして発売した「Moto X Play」を国内で 3 月中旬に発売すると発表しました。価格は 44,200 円 + 税です。もちろん SIM ロックフリーで発売されます。Moto X Play は Android 6.0 Marshmallow を搭載した 5.5 インチ画面のミッドレンジスマートフォンで、3,630mAh の大容量バッテリーを搭載したほか、アルミフレームとカーブ形状のバックカバーを採用しており、片手で操作しやすいところが大きな特徴です。また、撥水コーティングを施しており、雨濡れ程度だあれば大丈夫だと言われています。Moto X Play の主要スペックは、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの LCD(ゴリラガラス 3)、Snapdragon 615 1.7GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM(Micro SD 対応) 、背面に 2,100 万画素カメラ(デュアル LED)、前面に 500 万画素カメラ、3,630mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.1、NFC に対応。筐体サイズは 148.0mm x 75.0mm x 8.9-10.9mm、質量は 169g。基本カラーは、ブラックとホワイトになります。また、国内ではデュアル SIM 版(デュアル SIM デュアルスタンバイ)が投入されます。対応周波数は、GSM(850 / 900 / 1800 / 1900MHz)、WCDMA(Bands 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 9 / 19)、LTE(Bands 1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 19 / 20 / 28 / 38 / 40 / 41)となっています。Source : Motorola Mobility

■関連記事
NTTドコモ、カメラを搭載しないAndroidフィーチャーフォン「SH-03H」を法人向け2月26日に発売
Sony Mobile、Android 6.0版Concept for Xperiaのアップデート版(3536)をリリース
MS ContinuumやMHL接続をサポートした14.1インチのノートPC型ドック「NexDock」がIndieGoGoで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。