ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛すべき残念男子~朝活男子編~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近アンチエイジングのためにジムに通い始めましたが、ジムにいる男子の肉体美に目を奪われる毎日です。

たくましい筋肉を盗み見て目の保養にしつつ、いつか素敵な男子と一緒にジムに通える日を夢見るばかり。

今回は、朝の時間帯に最も情熱を費やす新世代の朝活男子に関する「残念男子」をご紹介したいと思います。

「残念男子」認定ポイント①女子以上にスムージーを作るのが上手い

朝活男子の定番食はもちろんスムージー。美容を気遣う女子としては、一緒にスムージーを楽しんでくれる男子はウェルカム! と言いたい所ですが…残念。

異様にスムージーに詳しい男子はちょっと引いてしまいます。

実は私もスムージーに一時期はまっていましたが、同僚の男子から「ほうれん草よりも小松菜の方が良いんだよ」なんてアドバイスを貰って「へーそうなんだ」と感心した数秒後に、内心「めんどくさい奴だな」と思ってしまいました。

男は黙って牛乳を飲め! と思ってしまう私は昭和の女だと痛感しました。

「残念男子」認定ポイント②彼女や友人に朝活を強要する

「朝に活動するのは気持ち良い! 早起きは三文の徳!」と言わんばかりに、彼女や友人を朝活に巻き込む男子は正直残念。

低血圧な女子にとっては早起きして朝活なんて、もはや罰ゲームです。以前、私が友人の男子に誘われた事のある朝活は「皇居ランニング」。

「朝の澄んだ空気の中で走るとパワーを貰えるよ!」と言われましたが、マラソンした後に仕事なんて拷問! と思って丁重にお断りしました。

低血圧な私にとって、朝から走り回る人は宇宙人です。

「残念男子」認定ポイント③とにもかくにも朝活をかっこいいと思っている

「朝活する人は美意識や向上心が高い人達」というイメージは悔しいけれど、あります。

しかし、それをひけらかさずに淡々とこなせる人はかっこ良いと思いますが、「俺、朝活しているんだ」的な事をドヤ顔で言う男子は正直イラッとしてしまうのは私だけではないはずです。

朝からマラソンだのヨガだのレクリエーションだのセミナーだの…おハイソな人達はみんなやっている事だなんて、都市伝説ではないでしょうか。朝にするのはラジオ体操だけで十分です。

 

朝からテンションが高い男子は、うざいと思いつつもそのパワーに元気を貰える時もあり、貴重な存在ではありますが、度が過ぎるとやっぱり「残念」。朝活はほどほどに、男っぷりを上げて欲しいものです。

関連記事リンク(外部サイト)

【連載】女のホンネとタテマエ~「また会いたい」を意味するコトバ~
【連載:映画で分かる女の本音】~思いどおりにいかないから好きになる!?〜『ルビー・スパークス』
好きな男子にしてしまうツンデレ行動4つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP