ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「猫の日」に「猫の島」で猫100匹に聞きました。普通のと「ちょっといいもの」、どっちが好き?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然ですが、2月22日は「猫の日」。それにまつわる動画が届きました。猫田次郎さんによるリポートだ。

そもそも「猫の日」とは「猫大好き!」な学者や文化人からなる「猫の日実行委員会」が、猫と一緒に暮らせる幸せを感謝し、噛みしめるために制定したのだとか。歴史は意外に古くて1987年から。先生方が一同に集まって「にゃんにゃんにゃんだから2月22日に制定したいと思います。異論はございませんね」……なんて話し合ったかどうかはわからないけれど、つまり猫の日は「猫に感謝する」という具体的な目的があるのである。

そして猫田次郎さんが立ち上がった。今や世界中の猫好きから注目されている愛媛県の「猫の島」こと青島で、「猫が喜ぶ、お水とゴハン」について調査するのである。

長浜港からの定期船は1日2便。片道30分強の航海の末、島に降り立つと猫ちゃんたちが港にお出迎え

猫田さんが見たものは!?

猫・猫・猫・猫・猫! サバトラ・キジトラ・三毛・ブチ・白黒・サビ。ピーンと張ってくねくね曲がるしなやかなしっぽちゃんもいれば、丸っこくてそれはそれで愛らしいカギしっぽちゃんもいる。いるだけじゃなくて、どこからともなくわらわらと港に集合してくる。

現地の猫田レポーターは「めっちゃテンション上がるぅ〜」なんて述べてますが、動画見るだけでめっちゃテンション上がるぅ〜。島に住んでる猫たちの数、100匹以上。

どこからともなく姿を現す。猫好きにとっては夢のような光景

島のそこかしこにくつろぐ猫ちゃんたち。観光客は敷地に入ってはいけません

人間に対しての警戒心は極薄。こんなまったり具合を平気で見せてくれます

そうそう、一体なにを調査するのかというと、「上陸前に近くのお店で買ってきたお水とペットフード」と、「『ちょといいもの』が特徴のau WALLET Marketで購入したお水とペットフード」では、果たして猫ちゃんたちはどちらがお好み? それをフィールドワークするわけです。実際に食べくらべてもらいます。

調査には島内の猫ちゃんたちが積極的に参加してくれるのでした

猫ちゃんたちにはこんな方法で調査。群がっております。右の「au WALLET Market」優位か。(※島内では「エサやり場」以外、エサをやることはできません。特別に許可を得て実施しています)

インタビューのマイクをまったく意に介することなく「au WALLET Market」のペットフードを貪る猫ちゃん

果たして猫ちゃんたちはどちらに夢中になったのか!? 結果は動画でチェックされたし。意外に獰猛で貪欲な食いっぷり(そこもまた良し!)とか、ここでは紹介しきれていない愛らしさやふてぶてしさも併せて楽しめます。

そんなわけでau WALLET Marketの「ちょっといいもの」をおたくの猫ちゃんにも、ぜひ。

年に一度の「猫の日」なんだから、いつもモフモフさせてくれたりコリコリさせてくれたりして私たちを癒やしてくれる感謝を込めて。あ、もちろん年イチじゃなくて、ずっと「ちょっといいもの」なら猫ちゃんもっと大喜びのはず。

あ、au WALLET Marketには猫ちゃんに限らず、人間にも「ちょっといいもの」揃えてますので、ちょくちょく覗いていただくのがおすすめです。きっとお気に入りが見つかります。にゃん。

au WALLET Marketについて

生活を今までよりも少し豊かに贅沢にしてくれる「ちょっといいもの」がそろうショップです。目利きのバイヤーたちが全国から取り寄せた揃えた逸品たちに、上質な日用品、食品まで。お買い物はauショップで直接スタッフとお話いただきながら、商品は後日ご自宅届くシステムなので、ネットショッピングが苦手な方でも安心して楽しくお買い物ができます。

関連リンク

■au WALLET Market商品のご紹介

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

島のおいしいパワーを届ける「au WALLET Market」の新サービス、「しまものマルシェ」
富士山が育む”宝物”。auショップで買える天然水「フレシャス」の工場を見学してきた!
“最高の一杯”にかける情熱。auショップで買える「丸山珈琲」、そのおいしさの秘密を探る!

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP