ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

文字と音で危険を警告。どんな車にも搭載可能な「運転支援」デバイス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

運転中、センサーやカメラで周囲の状況を認識し、事故発生の危険を知らせる「運転支援システム」。予防安全性能を搭載した新型車は、まさに今のトレンド。とは言え買い換えるまでは…。大丈夫、どんな車にも搭載できる、運転支援デバイスがありました。

カーナビ&安全機能
スマホ連動型ドライブシステム

Pyrenee社によって現在開発中の「ピレネードライブスクリーン」は、どの車にも搭載可能な運転支援デバイスです。運転席前のダッシュボードに設置するだけ。これをスマホとつなげることで、透過スクリーンにスマホ画面を表示させます。また、スマホの音声機能を使うことで、アプリを起動することも可能。ナビを使ったり、音楽を流したり、もちろん通話だってOK。

ですが、これだけでは従来のポータブルカーナビとさして変わりはありません。このデバイスの真骨頂は、あくまで「運転支援」にあるのです。

車載カメラがモニタリング
文字と音で危険を警告

たとえばこの映像。前を行く車との車間距離が狭くなれば、透過スクリーン上に「衝突注意」のアラート文字と警告音が。ドライバーに告知させ、回避行動を促します。

自動車事故の原因の7割は、ドライバーの不注意によるものだそう。危険を未然に防ぐには、早い段階でドライバーに危険のサインを警告できれば、多くの事故は回避できる。その考えのもと、ピレネードライブスクリーンは、ユニットに設置された前方を映し出すカメラがリアルタイムに、歩行者や他の車の距離や、位置関係を認識し、常にモニタリング。危険予測をいち早くドライバーに伝えてくれます。

実際に設置したイメージがこんな感じ。透過スクリーンに映し出すことで、手元のスマホ画面に目を落としたり、わき見運転をするなく、ドライバーは前を向いたまま、いろんな情報を確認できるというスグレモノ。

2016年内に発売予定!

2015年、日本最大級のハードウエアコンテスト「GUGEN2015」で優秀賞を受賞。現在、2016年内の発売を目指し開発中とのこと。価格は39,900円を予定しているんだそう。こうした運転支援システム技術の向上が、多くの事故を未然に防いでくれているのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by 株式会社Pyrenee

関連記事リンク(外部サイト)

たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
【世界初】トイレマッチングサイト「SUKKIRI」。大丈夫、もう漏れない。
「手のひらサイズ」のドローンが予約開始!3万円で機能も充実

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP