ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

怪我をしたのに物損事故扱い!これって大丈夫?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 8カ月前に信号待ちで後車からぶつけられました。2、3日してから首が痛くなり保険屋さんに病院に行きたいと言ったら病院名を聞かれ、わかりました。と返事が来たので通い始めました。
 治療が終わり慰謝料などの説明をされ、その時初めて人身事故扱いになってないことを知り、びっくりしました。病院にかかった時点で保険屋さんが人身事故扱いにしているものと私は思っていましたし、そのときは詳しい説明もなく、治療中も一度も担当者から連絡がない状態でした。
 やはり、人身事故扱いにするべきなのでしょうか?その場合、どのようにしたらよいですか?ちなみに、加害者と被害者の任意保険は同じ会社です。

(40代:女性)

A.

 人身事故扱いとすべきです。
 加害者からの依頼で、本来人身事故とすべきものを、物損事故として処理する場合もないわけではないようです。
 この場合でも、人身事故としての損害を、物損事故としての損害でカバーするので、損害自体は填補されています。

 しかし、首が痛くなったとのことで、むちうち症の疑いも十分にあり、今後の治療経過次第によっては、物損事故として損害がカバーされきれない場合も想定されます。
 したがって、加害者側の損保会社担当者に、診断書を交付して人身事故として処理するように申し入れすべきです。

 また、被害者の損保会社も同一だということであれば、自分の損保会社担当者に相談をしてみることもいいでしょう。

元記事

怪我をしたのに物損事故扱い!これって大丈夫?

関連情報

韓国大法院無罪判決(想うままに ー弁護士日誌から)
拡大損害(自動車・交通)
原付にも危険運転致死傷罪は適用される?(法律クイズ)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP