ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

耳あかが原因で難聴に? 耳掃除は家で行わず耳鼻科がベスト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ある程度、年をとったら耳が聞こえづらくなると思われがちだが、実際、加齢で聴力が低下するのは仕方がないことなのだろうか? 聴力回復の施術を行う整体師の今野清志さんはこう語る。

「たしかに老人性難聴は生理的変化といえますが、これには個人差があり、50代で聞こえづらいと感じる人もいれば、90才でもよく聞こえる人もいます。その違いに大きな影響を与えているのが生活習慣なのです」

 また、耳鼻咽喉科医の松尾有希子さんは、耳のトラブルについてこう話す。

「寝たきりのお年寄りを診察するとたまりすぎた耳あかが原因で、難聴になっている人が実はとても多いんです。

 日本人のうち8割は、耳あかが乾燥しているといわれており、日々の生活で、そのほとんどが自然に排出されています。ですが、耳あかが湿ったタイプの人は、とくにほうっておくとたまりやすいのです」(松尾さん・以下「」内同)

 しかし、自分で耳掃除を行うことはトラブルのもとだと、松尾さんは言う。

「耳の中は脂肪がなく、皮膚のすぐ下に骨があります。ですから、少しの傷でも炎症が悪化しやすく、外耳道炎などの病気を引き起こします。なので、耳の掃除は家で行わず、耳鼻科で行うのがベストです」

 耳あかがたまるのは、耳の入り口から1cm程度の部分まで。しかし、自分で耳掃除を行うことで、あかが耳の奥に押し込まれてたまってしまうことがある。

 そうなると自分では取れず、場合によっては、奥で耳あかが、ろうのように固まってしまい、専用の点耳薬を使って溶かし出すしかないこともある。耳掃除は専門医で行う習慣を身につけて。

 耳掃除の頻度は人それぞれだが、3か月から半年に1度で充分。歯科に歯のクリーニングに行くのと同じ感覚で、今年は耳のエクササイズと、耳鼻科での耳ケアを新習慣にしたいものだ。

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
週に1回、穴から1cm、湿った綿棒使用 正しい耳かきの方法
お風呂掃除のプロが推奨する、入浴時にできる「ながら掃除法」
ワキガ 受診者7割が気にしすぎで性格優しいほど悩む傾向

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP