ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「素敵な花嫁」に見える表情の作り方 話題の顔ヨガ講師伝授

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日めくりカレンダー『日めくり まいにち、顔ヨガ!』が3万部を超えるベストセラーになっているカリスマ顔ヨガ講師・間々田佳子さんが、老け顔、デカ顔など、女性のお顔のお悩みを顔ヨガで一発解決。今回は27才会社員からのお悩みです。

【お悩み】
「6月に結婚します。写真にも一生残るし、来場者のみなさんに“素敵な花嫁さん”と思われたいです。結婚式まであと約3か月、顔のくすみがとれてウエディングドレスが映える明るい顔色になる顔ヨガを教えて下さい!!」

【間々田さんの回答】
 おめでとうございます。“素敵な花嫁さん”へ向けて頑張りましょう。花嫁にマストの顔ヨガは「こめかみアップ」です。側頭筋を引き上げるので目尻やフェイスラインも連動してアップ。パッチリ目&頬のリフトアップ、ほうれい線の改善まで期待できます。毎日続ければ形状記憶されますし、式直前に行うのも有効。筋肉が引き上がるだけで肌色が明るく見え、好印象に。

 くすみの改善に繋がるのは、頬の筋肉を小刻みに動かし血行を促す「マントヒヒの顔」。リンパの流れをスムーズにし老廃物の排出を促します。以前も紹介しましたが、おさらいです。
 
 私も大人ニキビでくすみに悩まされていましたが、顔ヨガを始めて皮膚のキメが整い肌弾力も20代並に! 43才、“今の肌が一番綺麗”と思えるのは嬉しい限りです。いくつになっても、肌は自分次第で美しくなりますよ。

【こめかみアップのやり方】
 右のこめかみの生えぎわに右手のひらを当て、グッと斜め外側に引き上げる。目線も右上に向ける。反対も同様に行う。10秒×1セット。

【マントヒヒの顔のやり方】
 頬に、親指以外の4本の指を横に揃えて当てる。唇を歯に巻き付け、ゆっくり“眩しい顔”をする。指の下で頬の筋肉が動くのを意識。5~10回。

撮影■浦川一憲

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
あごのラインをシャープにする顔ヨガを解説
「疲れ顔」に悩むはあちゅう 顔ヨガ体験し筋肉の使い方実感
1回10秒で若顔になる顔ヨガ体験したバービー 前後の写真紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP