ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

猪木対アリ戦 アリの他愛ない「ホラ」から始まった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る、ライターの斎藤文彦氏による週刊ポストの連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」。今回は、大会ポスターのデザインを依頼された俳優・石坂浩二も「試合当日まで疑っていた」と振り返った、昭和51年、猪木VSモハメド・アリの戦いに至る道のりをお伝えする。

 * * *
 アントニオ猪木のプロレス生活、というよりも、その人生における最大の闘いが実現したのは、いまからちょうど40年前の昭和51年6月26日のことだ。

 プロボクシング世界ヘビー級王者モハメド・アリとの“格闘技世界一決定戦”である(東京・日本武道館)。

 プロレスの世界チャンピオンとプロボクシングの世界チャンピオンが対決するという“20世紀のおとぎ話”の発端は、それより1年前のアリの冗談とも本気ともつかない非公式のコメントにさかのぼる。

 昭和50年3月、アリはニューヨークで開かれた、あるパーティーの席上で「東洋人でオレに挑戦する者はいないか。ボクサーでもレスラーでも空手家でもだれでもいい。100万ドルの賞金を用意する」と発言。

 アリがこう話しかけた相手は、八田一朗・日本レスリング協会会長だった。

 そこにいた白髪の紳士が日本のアマチュア・レスリング界の“大ボス”だということを知った“大ボラ吹き”のアリが、先制パンチとして放った社交辞令のようなものだったのだろう。

 このアリのコメントが、八田氏のアメリカからのみやげ話のひとつとしてスポーツ新聞に載った。そして──かなりディテールを省略することにはなるが──猪木がアリの対戦相手として名乗りを上げた。

 アリは、前年の1974年(昭和49年)10月30日、アフリカのザイール(現コンゴ民主共和国)でジョージ・フォアマンにKO勝ちし、“キンシャサの奇跡”として知られる歴史的な一戦で世界ヘビー級王座奪回に成功。プロボクサーとして全盛期を迎えていた。

 猪木は、NET(現在のテレビ朝日)の国際部を通じてアリ側のマネジャーのアンジェロ・ダンディとドン・キングの両氏に「そちらが提示した100万ドルに900万ドルをプラスし、1000万ドルの賞金を用意する。日時、場所は一任する」という文書を送付。

 それが現実的な数字であったかどうかはともかく、当時の1000万ドルは1ドル=300円で換算すると30億円というとんでもない額だった。現在の物価にすれば、さらにその10倍くらいの貨幣価値になるだろう。

 猪木は昭和51年3月24日、ニューヨークに飛び、同日、アリ陣営と最終交渉。猪木陣営が提示した600万ドルのギャランティーに対し、アリ陣営はあくまでも1000万ドルを要求したとされるが、最終的にはアリ自身の「600万ドル以上なら」という“鶴のひと声”で、610万ドルという微妙なかけひきを物語る額で交渉が成立。翌25日、午前10時からプラザホテルで調印式と記者会見が開かれた。

 倍賞美津子夫人を伴い、紋付き袴の純日本スタイルで記者会見に現われた猪木に向かい、アリは「オレが勝ったら、その美しいワイフをいただく」とお得意のビッグマウスを浴びせた。これが“世紀の一戦”のプロローグだった。

●さいとう・ふみひこ/1962年東京都生まれ。プロレス・ライター、コラムニスト。プロレスラーの海外武者修行にあこがれ17歳で単身渡米。1981年より取材活動。『週刊プロレス』創刊時からスタッフ・ライターとして参画。『ボーイズはボーイズ』『みんなのプロレス』など著作多数。専修大学などで非常勤講師。

※週刊ポスト2016年3月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた
猪木「失神」KO事件 ホーガン狼狽、側近は「人間不信」に
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP