ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香ばしい餃子が食べたいならココしか選択肢はない / 餃子とタンメンの大衆食堂「おけ以」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

餃子
600円

餃子には、いくつもの「美味しさの根源」ともいえる要素がある。皮、具、焼き具合、焼き面積、蒸し加減、そしてタレ。すべての根源が組み合わさることにより、完成形として仕上がるのだ。

・香ばしさを優先するならばココ
「パリパリの皮がウマイんだよ」「具にキャベツが入っているのが良い」「たっぷりの酢を染み込ませなきゃダメ」などなど、さまざまな好みがあるとは思うが、もし香ばしさを優先するのであれば、「おけ以」に行くしか選択肢はない。

・多くの女子大生やOLがやってくる
餃子とタンメンが美味しい大衆食堂として知られている「おけ以」。学生が多くいる飯田橋から徒歩圏であるため、そしてヘルシーな料理なため、多くの女子大生やOLがやってくる。そのなかに交じる、おじさんやサラリーマンの姿。異質にも思えるが、むしろそれがこの店のおもしろさでもある。

・芸術作品といっても間違いではない
ここの餃子は見た目に驚かされる。いたってオーソドックスな餃子に思えるが、キツネ色にこんがりと焼かれている面が驚くほど平面。まるで徹底的に精密な加工をされたのかと思えるほど平面。あまりにもキレイな平面がきつね色に焼かれているため、ある意味、芸術作品といっても間違いではない。

・野菜の美味しさが際立つ
見た目で分かるように、餃子はパリッパリに焼かれている。箸でつまむとズッシリとした重量感を感じる。酢、醤油、ラー油に浸して食べれば、パラパラッと広がる具の甘味。旨味よりも甘みを強く先に感じる。「おけ以」のタンメンは野菜の美味しさを引き出すことに成功しているが、餃子も野菜の美味しさが際立つ。

・野菜の美味しさが際立つ
儀容座から漂う香ばしさ。それは単に焼いただけで生まれるものではない。餃子の皮に含まれる旨味成分が重要なのだ。しっかりと旨味が仕込まれた餃子だからこそ、じっくりと焼き色が付けられると同時に、香ばしさが際立つのである。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2016/02/21/okei-gyoza/

おけ以
住所: 東京都千代田区富士見2-12-16
時間: 11:30~13:50 17:00~20:50
休日: 日曜 祝日 第3土曜
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13000410/

東京メインディッシュ
東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP