ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

古屋兎丸の人気漫画を映画化! 少年たちの愛憎を描くダークファンタジー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

劇団「東京グランギニョル」によって1985年に発表された伝説の舞台を、今作に衝撃を受けたという古屋兎丸が2005年に漫画化。今なおカルト的な人気を誇る『ライチ☆光クラブ』が満を持しての映画化!

工場から黒い煙が立ちのぼる油にまみれた町・螢光町の廃墟に集まる、9人の中学生。強いカリスマ性と天才的な頭脳を持つゼラを中心に、秘密基地“光クラブ”に夜な夜な集まっては、醜い大人を否定し、自分たちだけの世界をつくるための兵器として機械(ロボット)を開発していた。やがて“ライチ”と名付けられたロボットが起動するも、光クラブに希望をもたらす“少女の捕獲”は失敗続き。やがて、メンバーのタミヤがゼラの思想に危険性を感じ始め、彼らの世界が徐々に狂い始める――。

光クラブの創設者であり、リーダーの一人・タミヤ役に野村周平、光クラブを独裁的に支配するゼラ役に古川雄輝、原作コミックファンから最も支持を集めるジャイボ役に間宮祥太朗と、光クラブのメンバーには注目の若手俳優陣が集結。大人への成長を否定した少年たちが辿る、衝撃の末路とは?

ライチ☆光クラブ
監督:内藤瑛亮
出演:野村周平、古川雄輝、中条あやみ、間宮祥太朗、池田純矢、松田 凌、戸塚純貴、柾木玲弥、藤原季節、岡山天音/杉田智和
(2016年/日本)
公開中
©2016『ライチ☆光クラブ』製作委員会
http://litchi-movie.com/index.html

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP