ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国メーカーが6GB RAMを搭載したスマートフォンの発売を予告

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー BBK(歩歩高)は、3 月 1 日に発表する新型スマートフォン「Vivo Xplay 5」の RAM 容量を 6GB にしたことをティザー画像を通じて予告しています。6GB RAM というのは、今の時点では RAM モジュールの容量の問題から非現実的だと見ていたのですが、ティザー画像によると、Xplay 5 には 6GB 搭載していると記載されています。ただ、全モデルを 6GB にするのは価格面であり得ない話なので、おそらく、複数あるモデルの最上位モデルを 6GB にして、他のモデルは 3GB ~ 4GB に抑えていると見られます。BBK はまた、Xplay 5 で Snapdragon 820 を搭載していることもティザー画像の中で予告しています。この 2 点が事実だとすると、Mate 8 を凌ぐモンスターマシンになりそうです。Source : Weibo

■関連記事
MWC 2016 : パナソニック、コンパクトになったタフネスAndroidタブレット「TOUGHPAD FZ-N1」を発表
Spotifyが日本の楽曲をプレイリスト化、日本でのサービス開始はもうすぐ?
Galaxy S7に搭載された「Exynos 8890」のCPU、GPU、メモリ仕様が判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP