ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S7に搭載された「Exynos 8890」のCPU、GPU、メモリ仕様が判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が MWC 2016 イベントで発表した「Galaxy S7」「Galaxy S7 edge」には、Samsung の最新プロセッサ「Exynos 8890」が搭載されています。Exynos 8890 自体は昨年のうちに発表されたものの、これまで詳細な仕様は明らかにされていませんでしたが、AnandTech で CPU、GPU、メモリ周りの仕様が公開されていました。Exynos 8890 は Samsung の第 2 世代 14nm プロセスで製造されるハイエンドスマートオン向けの SoC で、自社設計の CPU コアを採用したほか、LTE カテゴリ 12 / 13 をサポートしたマルチモード LTE モデムをワンチップに統合したところが大きな特徴です。AnandTech によると、Exynos 8890 の CPU 仕様は、Cortex-A53 @ 1.586GHz(LITTLE クラスタ) + Exynos M1 @ 2.60GHz(1 ~ 2 コア時) ~ 2.29GHz(3 ~ 4 コア時)という構成です。big クラスタは 2 コア動作(合計 6 コア動作)で最高クロック 2.6GHz になり、8 コア駆動の場合は 2.3GHz に下がる仕組みのようです。GPU は ARM の現行最上位モデルとなる Mali-T880 で、コア数は 12 個に増加しています。最高クロックは 650MHz です。このほか、メモリインタフェースは 2x LPDDR4 1,794MHz で、メモリ帯域幅は 28.7GB/s にアップしています(Exynos 7420 比)Source : AnandTech

■関連記事
MWC 2016 : パナソニック、コンパクトになったタフネスAndroidタブレット「TOUGHPAD FZ-N1」を発表
Spotifyが日本の楽曲をプレイリスト化、日本でのサービス開始はもうすぐ?
中国メーカーが6GB RAMを搭載したスマートフォンの発売を予告

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。