ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Spotifyが日本の楽曲をプレイリスト化、日本でのサービス開始はもうすぐ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外で最もユーザー数の多い音楽ストリーミングサービス「Spotify」は、だいぶ前から日本でのサービス提供を「近日」と予告していますが、今のところ、国内ではサービスは行われていません。しかし、年末から年始にかけて、VPN を利用しなくても視聴できるようになったり、アプリに日本語の広告が表示されるようになるなど、着々と日本での開始の準備を進めている様子が伺えます。そんな中、今では日本向けのプレイリストを広告で宣伝していることが判明し、また一段と日本での開始が迫っていると見られています。今回のヒントは、Spotify が自ら日本の音楽を集めた「J-Pop Makunouchi」というプレイリストを広告で宣伝していたことです。私の方では確認していませんが、その広告を目にした人もいます。以前まではほぼ無かった日本の楽曲をプレイリスト化したことから、日本でのサービス開始のために楽曲調達を活発に行なっているのではないかと予想されています。この「J-Pop Makunouchi」は Spotify の公式プレイリストとなっており、アプリで検索し、実際に再生したりフォローすることもできます。Spotify では無料アカウントの場合に 30 分おきに広告が表示されます。今ではその広告のほぼ全てが日本語のナレーションで、「もう少しの我慢、日本でサービスが始まるまでは・・・」といったメッセージ付きの広告や、Spotify の幹部自らがカタコトの日本語で「まもなく日本でも利用できるようになります」と広告で言っていたりと、日本をターゲットにしたプロモーション活動を活発に行っており、(何度も言っているようですが)サービス開始は近いのではないかと思います。いとうさん、情報提供ありがとうございました!

■関連記事
MWC 2016 : パナソニック、コンパクトになったタフネスAndroidタブレット「TOUGHPAD FZ-N1」を発表
Galaxy S7に搭載された「Exynos 8890」のCPU、GPU、メモリ仕様が判明
中国メーカーが6GB RAMを搭載したスマートフォンの発売を予告

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP