体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャイな日本男子にはなかなかできないこと

「海外の男の人はねー。積極的なのに優しくて、紳士で、ロマンティックで…」

わかった!わかった!!もうそれ以上言うな!海外紳士のようなスマートなエスコートができてないのはわかってるから…。

 

でも、でも聞いてください。日本の女性のみなさま。海外イケメンがさらっとするエスコートって結構むつかしいものなのです!

というわけで、今回は海外イケメンはスマートにできているのに、日本人男性がなかなかできないことを男性目線でご紹介します。

 

荷物を持つ

3678242739_48a881049b_b

photo by Wen Cheng Liu (Busy)

女性が重そうな荷物を持っていたら正直持ってあげたくなります。しかし、これが結構むつかしい。

「持とうか?」と聞いたら野暮ったいし、断られることも考えられます。断られた後にしつこく「いいよ!もつよ!!」なんて言うのも嫌われかねません。

 

かといって強引に無言で荷物を取ったらひったくりみたいだし、「え。やめてよ…。」なんてマジトーンで言われたら、その日は丸一日ブルーになってしまいます。

どうやってスマートに荷物を持てばいいのかわからないため、結果荷物を持たせっぱなしになってしまうのです。

 

背中に手を回してエスコート

背中に手を回してエスコート

photo by shutterstock

海外のイケメンを見ていて思うのが、「こいつらボディタッチやたら多いな!」ということです。

特に女性をどこかに案内するときに、すっと背中から腰あたりに手を回してエスコートをする姿を見ると、その勇気に感動すら覚えます。

 

海外のイケメンが「ロマンチック」とか「情熱的」と言われるのは、このボディタッチに起因するところが多いと思うのですが…。

いや、ちょっと考えてください。そんなにボディタッチしたら失礼でしょう(笑)。なんというか、こう、お互いの距離を縮めるのはやっぱりある程度の時間が必要だと思うんですよ。

だから、いきなりボディタッチなんてできません!

 

上着を貸す

7257789188_f30bf0b494_b
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。