体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Appleの躍進を支えた「第4の男」を知っていますか?

Appleの躍進を支えた「第4の男」を知っていますか? apple-fourth160110-02

ライターBenny Luo氏が「NextShark」にまとめたのは、Appleの創業メンバーについて。とはいえ、メインはあのスティーブ・ジョブズでも、“ナンバー2”に該当するスティーブ・ウォズニアックでもありません。

この記事でスポットが当たっているのは、Paul Terrellという“第4の男”。実は彼の存在なくして、同社の圧倒的な成長はなかったと言われているのだとかーー。

ジョブズたちに伝えた
アドバイスが運命を変える…

11136756_10153842216677166_8980604998657611703_n

きっと、ほとんどの人はPaul Terrellの存在を知らないはずです。

実は彼、テクノロジー分野におけるパイオニア。1975年12月、カリフォルニア州Mountain Viewに「The Byte Shop」という世界で初めてコンピューターを販売したお店をオープンさせた人物なのです。

byte015-e1440004600361

開店から1年後、2人の「ハイテクオタク」がお店にやってきて、彼らが開発した新製品を店に置いてほしいと願い出ました。

製品とは、ユーザーが自分でコンピュータを組み立てられるキットのこと。その2人こそ、21歳のスティーブ・ジョブズと26歳のスティーブ・ウォズニアックだったのです。

今日のハイテク分野における「巨人」と言われる彼らも、当時はただの若いハングリーな起業家。Appleの第3の共同創設者であるロン・ウェインは、のちに「彼らは本当に野心家だった」と語っています。

7651001246_284cdd4a55_o1

しかし、Terrellはこの製品を販売しませんでした。なぜなら、キットは非常に魅力的ではあったものの、組み立てがネックになったから。

そこで彼は、2人にコンピュータを組み立てた状態で売るべきだと提案。そのシンプルな一言が、結果的に世界でもっとも革新的な企業の1つとなったAppleを作り上げることになろうとは。

Terrellは、コンピューターを組み立てた状態であれば、1台500ドルで50台注文すると、ジョブとウォズニアックに言いました。彼は当時をこう振り返ります。

「当時、スティーブ・ジョブズは非常に傲慢な人間でした。彼はプライドが高かったので、あまり他人の意見を聞こうとはしませんでしたね。

私が彼のためにしたことといえば、35ドルで回路基板だけを販売しようとしていたときに、そのすべてを組み立てて500ドルで販売するべきだと説得したこと。彼は私の意見になかなか耳を傾けませんでした」

1348954053_steve-jobs-and-wozniak-1977_1024x796_91966-e1440005962498
1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。