体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏木マリ、新作ミニアルバムにゆず岩沢、石野卓球、フラカン鈴木とのコラボ新曲収録

夏木マリ、新作ミニアルバムにゆず岩沢、石野卓球、フラカン鈴木とのコラボ新曲収録

夏木マリが、新作となるミニアルバム「朝はりんごを食べなさい」を4月13日にリリースする。

今作は、2015年にライブハウスツアーの各会場で実施したトークセッションにて、ファンから受けた質問や相談に対するメッセージを集約したもので、ボーナストラックを除く全曲の作詞を彼女が手がけている。ゆずの岩沢厚治氏や電気グルーヴの石野卓球氏、フラワーカンパニーズの鈴木圭介氏との異色のコラボ新曲を含め、全7曲を収録している。

また、今作のリリースを記念して、2月23日の16:00から「AmebaFRESH!」にて、特別番組「夏木マリミニアルバム『朝はりんごを食べなさい』リリース記念特別番組」の生配信が行われる。番組では夏木が視聴者からの質問や相談に答えるコーナーなどが実施される。

さらに、昨年のツアーの大反響を受けて、2度目の全国ライブハウスツアー「夏木マリ MAGICAL MEETING TOUR Live & Talk 2016」(全11公演)の開催が決定した。

夏木マリ コメント
久しぶりに曲を創りたいと思った。
昨年のライブハウスツアーでの思いを作品にしたいと・・・
あのライブでは、ファンの思いを聞くことも出来、
私の立ち位置から、強く、 そして楽しいメッセージをギフトしたいと感じた。
出来上がってみると、
私の人生を笑ってもらい元気になったり、毎日やっておくことや、 考え方、
言わばサプリメントミュージックが出来上がった。
悩むことは人間の特権だ。
このサプリが多くの人に”聴く”ことを願って。

岩沢厚治 コメント
ある日、マリさんから可笑しなタイトルがついた詩を渡されました。
しかし内容は可笑しな話ではなく、まるで詩がメロディーを運んで来るかのように、
その翌日にはデモが出来ました。
他の人の詩に対して、まして女性詩に曲を乗せるなんて
経験のない僕にとって、物凄く新鮮でした。
しかもアルバムのタイトルなんですね(笑)。
恐縮です!
僕もマリさんの言う事を聞いて、 朝はりんごを食べたいと思います。
酵素万歳!

鈴木圭介氏 コメント
今回、初めて1曲(曲だけです)作らせて頂いたんですが。
僕が作ったのは弾き語りに毛が生えたようなラフな物だけだったんです。
曲の土台だけで、その後のアレンジなどは全てお任せしました。
完成した曲を聴いてぶっ飛びました!物凄い事になってます!
想像の何百倍も攻めているアレンジ、 そしてマリさんの歌!!
めちゃくちゃ、かっこいい!
マリさんの歌声は本当に凄い。
人間力が歌声にそのまま、真空パックされているようなエネルギーと色気と温かさ、 母性、 明るさ、 強さ…。
言い出すとキリがありません。やっぱり人間の器が大きいです。
最近のマリさんのライブで、悩み相談などもやっているという話しを聞きましたが、 とてもよくわかります。
今度、 僕もぜひ相談させて下さい(笑)!
今回、 話しを頂いて本当にありがとうございました!ライブで聴ける日を楽しみにしています!

石野卓球 コメント
2014年のライジングサン ロックフェスティバルのバックステージでお会いしたのがそもそものはじまりでした。
マリさんの懐の深さにリスペクト、ご一緒できて光栄です!
P.S.マリさん、樋口一葉と誕生日同じなんですね。

斉藤和義 コメント
Playerという曲は、マリさんが60歳を迎えるにあたり考えてること、思っていることを取材させて頂き、その時マリさんから出てきた言葉をたくさん散りばめた曲です。自分でも大切な曲になりました。
アルバム完成おめでとうございます!

リリース情報

ミニアルバム「朝はりんごを食べなさい」
2016年4月13日(水)発売
2,900円(税込)
<収録予定曲>全7曲(順不同)※バスケス:夏木マリ作詞ペンネーム
1:Happy Together (作詞:バスケス 作曲:二宮楽)※初音源化
2:60 blues (作詞:バスケス 作曲:夏木マリ)※初音源化
3:朝はりんごを食べなさい (作詞:バスケス 作曲:岩沢厚治 [ゆず])※新曲
4:マグダラのマリア (作詞:バスケス 作曲:鈴木圭介 [フラワーカンパニーズ])※新曲
5:神さまへ (作詞:バスケス 作曲:忌野清志郎)※再収録
6:逆走BBA (作詞:バスケス 作曲:石野卓球 [電気グルーヴ])※新曲
ボーナストラック:Player (作詞・作曲・編曲:斉藤和義)※再収録

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。