体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC Vigorの製品名はThunderBolt 2、Droid PirmeはDroid Chargeの後継?

米Verizon新機種に関するBest Buyの資料がリークされた模様です。その写真から新機種の名前と既存機種とのリプレイス対応を確認することができます。資料によると、まず、「Stratosphere」はFascinate(Verizon向けGalaxy S)のリプレイスとなるようです。Stratosphereのモデル名は「SCH-I405」で、5行・QWERTY配列のスライドキーボードを搭載したLTE対応端末です。スペックはミッドレンジと言われています。OSは以前のリーク情報等からAndroid 2.3(Gingerbread)を搭載すると見られています。「ThunderBolt 2」はThunderBoltのリプレイスとなるようです。ThunderBoltのモデル名は「ADR6400LVW」で、後継と予想される「ADR6425LVW」”Vigor”の存在が明らかになっていることから、Verizon向け”Vigor”がThunderBolt 2になると予想されます。最後に「Sam Prime」。これはおそらくIce Cream Sandwichを搭載すると予想されている「SCH-I515」のことでしょう。資料によるとDroid Chargeの後継のようなので、LTEに対応すると考えられます。Source : Phandroid


(juggly.cn)記事関連リンク
ソニー、Android搭載ウォークマン「NW-Z1000シリーズ」を発表、12月10日発売予定
Android用Facebook公式アプリがv1.7にアップデート、つぶやきや写真の共有、チェックイン方法が変更、新たにプライバシー管理機能が追加
KDDI研究所、Android用の日本語音声合成ツール(TTS)「N2」を開発、N2を利用したウィジェットアプリ「ささやくヤーツ」と合わせて9月15日に無償公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。