体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コレサワ、1年3ヶ月振りのワンマンライブ「コレシアター02」が大盛況

コレサワが2月18日に東京・渋谷WWWにて開催した1年3ヶ月振りとなったワンマンライブ、『コレサワ ワンマンショー「コレシアター 02」』が大盛況のうちに終了した。

2月18日@東京・渋谷WWW (okmusic UP's)

コレサワの最新作で2nd E.P.『女子、ジョーキョー。』のレコ発ツアー「上京女子がゆくバンドツアー」のファイナル公演は、自身初となる東京・渋谷WWWでのワンマンライブ。会場は超満員のSOLD OUTで迎え開演前から熱気が立ち込める中、ピンクやパープルのポップカラーで彩られた衣装で登場。『女子、ジョーキョー。』に収録されている「シティーガール」で幕を開ける。続く「ショートカットに憧れて」では乙女心たっぷりの世界観で魅了し、「123」「真っ赤な爪と牛乳」と披露していく。

「“コレシアターゼロニ”へようこそ! コレサワです!」という挨拶から、懐かしい曲をと「ラビッシュムーン」を披露。物憂げな歌声で始まった「悪いユメ」では時に力強いビートに観客も体を揺らし応じる。かわってまるで夢から覚めたかのようなポップな一曲「シンデレラ」では、ギターを置きマイク片手にステージ上をくるくると飛び跳ねながら、会場の隅々までクラップを沸き起こす。「コレサワ!」コールに、ギター、ドラム、ベース、キーボードとソロパートで加熱していくと、「サンキュー!」で締め括った。

「君のバンド」のイントロにのせたコール&レスポンスではアドリブを加え、時に「へたくそ!」と無邪気に煽る一幕も見せる。急上昇するテンションをそのままに、一体感溢れるステージで抜群のパフォーマンスを魅せつけた。続く「トーキョー」では、東京タワーのイラストがスクリーンに映し出され、突如クマのキャラクター“れ子ちゃん”に扮した “れ子ちゃんず”が登場。スケッチブックをめくって会場の掛け声をリードしていき、クラップをしたり踊ったりとキュートなステージを繰り広げた。

ライブも中盤に差し掛かると、改めて会場を埋め尽くしたファンに感謝の言葉を述べる。そして「みんなのこと、笑かしたいねん!」と関西出身の彼女らしいトークで場を和ませ、「みんなが笑って頑張れますように。」と「笑えよ乙女」をしっとりと歌い上げる。その後「自転車」と続け、突き刺さる歌詞で切なく歌い上げた「たばこ」では、ピアノの最後の一音が鳴り止むまで息を呑む熱唱で魅了。楽曲の世界観をスクリーンに投影した「最終電車」を歌い上げると、ひときわ盛大な拍手がおくられた。

一呼吸おき、MCでは「上京してよかった、ウチボリシンペ、そして“バッチグー”なサポートメンバーに出会えた」と感謝の言葉を添えると、当日のために作ったという衣装について紹介。亡くなったおばあちゃんがプレゼントしてくれたブラジャーがリメイクで編みこまれているエピソードを明かし、「かわいいピンクがやっと人の目に触れられた。」と喜びを伝えた。そして「上京女子の底力を見せたくて。たくさんの人と繋いでくれたこの曲を。」と「あたしを彼女にしたいなら」を披露。そして「今日はありがとうございました。また会いましょう。」というMCから「シュシュ」を奏でる。そのPVが進化した映像がスクリーンいっぱいに描かれると、幻想的に羽の舞う演出で会場を虜にし本編が終了した。

迎えたアンコールは“れ子ちゃんず”とともに自らも同じ被りもの姿で登場すると、撮影OKのジェスチャー。彼女に向けたシャッター音で溢れかえる中、「ブタじゃないの、クマなの。」と訴える「れ子の唄」を弾き語りで披露した。そして「こんなに人の顔が集まってくれて嬉しい。」と会場をぐるりと見渡すと、「今日は大阪から母親が来てるんですよ。」と報告。現在23才の彼女が、母親が自分を生んだ年齢をタイトルにした楽曲「24才」で、上京してきた彼女の等身大の“今”の報告と感謝の想いを綴る。一人のアーティストであり一人の娘である彼女が母親に捧げるフレーズに、目頭を押さえるファンの姿も。ラストはサポートメンバーがバンドインして締めくくった。

「みなさん今日は来てくれて本当にありがとう! 明日からまた頑張っていきましょう!」と最後に披露したのは「わんちゃん」。『コレサワ』のロゴが、画面いっぱいに映し出されたスクリーンの前には、彼女とサポートメンバー、そして“れ子ちゃんず”が並び、色鮮やかな紙吹雪の舞うなか最後まで感謝の言葉を投げかけ、大歓声のなか幕を閉じた。

Photo 小坂茂雄

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。