ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ももクロ ビルボードセールスチャートでワンツーフィニッシュ 3位以降は先週発売作が好調

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月29日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”は、ももいろクローバーZの2枚同時リリース作『白金の夜明け』&『AMARANTHUS』がワンツーフィニッシュという結果になった。

 1位・2位を獲得したももいろクローバーZの両作は、約3年ぶりのリリースとなったオリジナルアルバム。超豪華作家&ミュージシャンとのコラボレーションや、著名人による試聴映像など発売前から様々な話題を呼んでいた作品で、前評通りに断トツの売上を叩き出し、見事ワンツーフィニッシュとなった。

 以降のチャートでは先週発売作品が並び、3位にE-Girlsのベストアルバム『E.G. SMILE-E-girls BEST-』、4位にMAN WITH A MISSION『The World’s On Fire』、先週トップだったBUMP OF CHICKEN『Butterflies』が5位に。2月15日~2月17日までの集計結果を発表した先ヨミ記事(http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/35513)にて5位にチャートインしていたKANA-BOONの3rdアルバム『Origin』は、惜しくも6位となった。

◎Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”
(2016年2月29日付)
1位.ももいろクローバーZ『白金の夜明け』
2位.ももいろクローバーZ『AMARANTHUS』
3位.E-Girls『E.G. SMILE-E-girls BEST-』
4位.MAN WITH A MISSION『The World’s On Fire』
5位.BUMP OF CHICKEN『Butterflies』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】ももクロ、2枚同時リリースアルバムが上位独占!
未曾有の革新性にあふれたももクロ 4thアルバムは2016年の最重要作品(Album Review)
ももクロ 3年ぶり新作3rdアルバムは日本のアイドルが辿り着ける極点のひとつ(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP