ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

うそ!私の習い事多すぎ…?みんながやっている習い事は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

社会人になってお金を稼ぐようになると、小さい頃からピアノを習ってみたかったなど今までやりたくてもやれなかったことに手が届くようになり、どれくらいの費用で習えるのかと調べたことはありませんか?習い事とひとことでいっても、趣味のもの、健康のためにやっているもの、仕事のスキルアップのためにやっているものと様々です。みなさんどのような習い事をどれくらいやっているのでしょうか。

いつ習い事をやっているのか

社会人ともなると、勤務スタイルによって習い事に通うことができる時間も違ってきます。残業が少ない会社ならば、平日が圧倒的に人気。平日は残業がいつはいるかわからないのでとても通うことができないという人は土日に。土日も予定が立たない人は、早朝などなんとか工面できる時間を探しているようです。 また、仕事の忙しい人は、ピアノのようにレッスン以外に練習時間が必要なものよりも、習い事の時間内で完結するものを選んでいるようです。

収入の何割を習い事にかけるか

投資することで、「将来収入となる可能性がある」ものとされるのが自己投資といわれる項目です。だったら、お金にはならないただの趣味の習い事は自己投資とは言わないのかというと、そうではありません。やることによってリフレッシュされる趣味はストレスを軽減してくれ、健康にもつながります。自分でやりたいと思った習い事を始めてみましょう。収入の1割程度は自己投資額として適切といわれています。

人気の習い事は?

純粋な趣味のものから、健康につながるもの、仕事につながるものなど様々あります。 趣味系では、バレエ、ダンス、ゴルフ、テニスなどのスポーツ、ピアノ、ギター、コーラスなどの音楽、その他料理、華道、茶道、手芸、着付けなどが人気です。健康系ではスポーツジム、ヨガ、エアロビクス、トレッキングなどが、仕事系では英語をはじめとした外国語講座、パソコン講座、営業術、会話術など各種ビジネススキルを教えるビジネス講座が主流でした。

通っている習い事の数

習い事が好きな人は、趣味系、健康系、仕事系から1つずつテニス、スポーツジム、英会話など3つ習っている人が多いようです。他には子供の頃から続けているひとつの習い事をずっと続けている人、とりあえずスポーツジムだけ入ってゆくゆくはなにか別のものを始めてみたいという人などがいますが通っている数は1つ~3つが平均のようです。

かけている金額

4000円~3万円の範囲に収まる人がほとんどのようです。ただし、費用に関しては教室代だけではなく、絵の具代などの材料費、楽器、着物を購入したなどコストが思いのほかかかってしまったという意見も多くみられました。みなさん、お金に余裕があれば、もっと習いたいものがあるとのことでした。

習い事を続けている期間

半年以内に辞めてしまう人と、3年以上続けている人が多い傾向です。習い事が合わないと思ったらすぐ辞め、一方で合うものはとことん長くやるというのが主流でした。社会人になってから始めた書道を10年間続け展覧会に出す、バレエの発表会でどんどんいい役がもらえるようになるなど、ステップアップをし続ける目標がある人が長く続けているようです。

自分のやりたいことを習うことができるのは、とても幸せなことです。習い事で得た経験、知り合った人など、人生の宝物となるでしょう。金銭面の問題で習いたくてもなかなか習えないという場合は、社会人サークルや、地域のカルチャーセンターに通ったり、もしくは、週1の習い事を隔週にする、月1にするなど調整することで、安く抑えることもできます。やりたかったのにやれなかったという後悔が残らないように、自分のやりたいことには是非チャレンジしてみてくださいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP