ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【博多】挨拶力も味のうち。 元気モリモリになるたこ焼き&唐揚げ【元気屋】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メシ通レポーターのマツータケシです。

理不尽上司からのとんちんかんなお叱りに、「ハァ〜」。胸キュンしちゃったあの娘からのあからさまな既読スルーに、「ハァ〜」。親父が大切にしていたクラリネットを壊しちゃって、「ハァ〜」。

誰にだって、どんより曇り心、おセンチ溜め息デーがありますよね。

「まぁ、嫌なことは無理矢理にでも胸の奥にしまっておいて、ウマいもんでも喰えばなんとか持ち堪えられそうだな」と自分に言い聞かせた矢先に……こらえきれずに、もひとつ「ハァ〜」。結局、一日中うつむき加減で、とぼとぼ町を彷徨い歩くことになっちゃいますよネ〜。

と、そんな時、どこからともなく「こんちわ〜!!!!!」とゴキゲンな挨拶。キョロキョロと周りを見渡すも、知り合いなどどこにもいない。と、なんだかいい匂いがする方を振り向くと、イケメンさんがニコニコ笑顔であらためて「こんにちは〜!」。

「何者?」と挙動不審になるも、「あ〜っ!」と目に飛び込むまぁるいコロコロは

も、もしや元気玉!?

なわけはなく、千枚通しで器用に転がされているのは、たこ焼きです。何個も何個も、鉄板の上でおいしそうに膨らんでます。

近寄ると、「らっしゃ〜い」の元気のいい声に、「なんだか、たこ焼き屋さんって元気がもらえるな」としみじみ。

昔は、たこ焼き屋さんだけでなく、こういった露店がそこかしこにあったんだろうし、扉も窓もないから、こういう「らっしゃ〜い」「こんにちは」の声が自然に飛び交っていたんでしょうね。お客と店の何気ないやりとりでも、それは町の活気そのもの。しょんぼりした気持ちも、そんなやりとりの間に忘れてしまって、すぐにスイッチを切り替えることができたのかもしれないですね。

というわけで訪れたのは、大通りにドンッと店を構えるたこ焼き屋さん。

今回は「道行く人に元気な声で挨拶をしてくれる、たこ焼き屋さんが気になっています。たとえこちらが自転車全速力でも必ず声をかけてくれるんです」という口コミ情報をもとに調査。正体を明かさずに店を素通りしてみると、確かに「こんにちは」の声をいただきました!

店名は「元気屋」と、気もちいいくらいの豪速球ストレート。おぉっ!? スタッフ・ポロシャツにも「大元気、大感謝、大感激」と書かれてありますね。

「元気とおいしいもんで地域貢献」が店のテーマだそうで、背中に元気印を背負っているからか、スタッフ一同、誰かに強制されたわけでなく、自然と行き交う人たちに挨拶をするようになっていたとのこと。

ある日、近くの小学校の校長が店に訪れて「このお店のおかげで、子どもたちが率先的に挨拶をするようになったんです」と御礼を言われた、なんてエピソードもあるそうです。

“人を喜ばすためのはじめの一歩は、きちんと挨拶することから”。

うむ、初心忘れるべからずですな。

で、たこ焼きのお味はと言うと……出汁が効いてて、ふっくらホフホフ。笑顔満開のおいしさです!! 焼きたてだと表面がサクッとしていて、さらに「うんめぇ〜」でございます。

定番は「元祖ソース」「極旨しょうゆ」「厳選 塩」「旨味だししょうゆ」「特選ポン酢」の5種類で、6個入り390円、8個入り500円、12個入り750円です。

それに加えて季節メニューがあり、例えば秋限定の味は、明石焼きのように出汁に付けていただく「秋のきのこ汁だこ(580円)」。トッピングの「ねぎぶっかけ」+100円もオススメだそうです。

たこ焼き屋としての認知度が高い店だけど、実は人気を二分するもう一つの看板メニューが唐揚げ。オモロいのが、いつものまるっとした形じゃなくて、平たくカットされているということ。表面積が増えるので、サクサクとした歯触りが“おやつとしての唐揚げ”感を演出しているそうです。

オリジナルの下タレに漬け込んだ唐揚げは、あっさり「塩唐揚げ(並420円〜)」もいいけど、さらにドブンッと自家製の追いタレに漬けた甘辛味の「たれ唐(並420円〜)」に、よだれスイッチON! 「カレー味」や「ピリ辛味」、「マヨ味」、「旨酢味」(それぞれ並450円〜)などのバリエーションがあり、それぞれ、ご飯付きの弁当も販売(500円〜)。

野菜をたっぷりと使用してリッチな味わいに仕上げた「極みビーフカレー(590円)」も人気で、「唐揚げ極みビーフカレー」は740円。

「たこ焼き祭りや〜」「唐揚げ祭りや〜」といきたい人には、たこ焼き&から揚げそれぞれの盛り合わせ(MIXもあるよ)「元気盛(1980円〜)」で、元気モリモリ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(30個)になっちゃおう。

宅配(1,000円以上)も可能だよ〜ん。

※六本松にある本店はたこ焼きがメインなので、御間違えなく。食べる前には、「いただきます!」を忘れずに!

お店情報

愛の料理 元気屋

住所:福岡県福岡市中央区薬院2-1-6

電話:092-714-7144

営業:11:00〜23:00

定休日:不定休

ウェブサイト:http://www.hotpepper.jp/strJ001025123/


書いた人:

マツータケシ

福岡在住。某出版社を経て、フリーのカメラマン&ライターとして活動中。好きな言葉は「一日三度のメシ」。福岡の安くてうまい穴場を発掘することにはまっている。

関連記事リンク(外部サイト)

【博多】ドイツ愛まっしぐらの主が手づくりする、 本格ソーセージ&ハムに悶絶!【シュテファン】
【博多】一流の寿司がコースで3,000円代 これが“お魚王国”福岡の食の底力ばい!【寿楽】
【博多】伝来当時の製法で再現した中世うどん。2玉でも3玉でも値段は一緒……なだけじゃない! 【春月庵】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP