ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソニー、Android搭載ウォークマン「NW-Z1000シリーズ」を発表、12月10日発売予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sonyは9月13日、Androidを搭載したWalkman新シリーズ「NW-Z1000シリーズ」を発表しました。カラーはブラックとレッドの2色、ストレージ容量別に、16GB「NW-Z1070」、32GB「NW-Z106」、64GB「NW-Z1050」の3モデルがラインアップされています。価格はオープンで、発売予定日は12月10日。来年2月にはソニーストア限定モデルの販売も行うそうです。10月中旬より銀座のソニーショールーム、ソニーストア大阪、ソニーストア名古屋にてり先行展示される予定。NW-Z1000シリーズはAndroid 2.3(Gingebrread)、4.3インチWVGAサイズの液晶ディスプレイ(静電容量マルチタッチ対応)を搭載したWalkman。音楽やミュージッククリップ等の映像を視聴できるだけではなく、Androidアプリやゲームも利用できるところが特徴のシリーズ。Androidマーケットに対応しています。NW-Z1000シリーズでは、フルデジタルアンプ「S-Master MX」、周囲の騒音を約98%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」、圧縮で失われがちな高音域をクリアに再生する「DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)」、左右の音の混在を抑制し、本来のステレオサウンドを再生する「クリアステレオ」、引き締まった力強い重低音を再生する「クリアベース」といったオーディオ技術が採用されており、製品に「大口径13.5mm EXヘッドホン」が付属します。プロセッサーはNVIDIAのTegra 2デュアルコア1GHz、RAMサイズは512MB、モノラルスピーカー、GPS、Gセンサー、デジタルコンパス、FMラジオを搭載。DLNAに対応しておりWalkman本体の写真や音楽、映像をDLNA対応のテレビやスピーカーなどで再生することが可能。また、HDMI出力端子も搭載しとり、Walkmanの画面をHDMI接続したテレビやモニタ上に出力することも可能。「おでかけ転送」に対応しており、ブラビアテレビやブルーレイレコーダー内の録画番組をWalkmanに転送することも可能。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRのみ。バッテリーは内蔵式で、使用時間は音楽20時間、動画5時間となっています。本体サイズは134.2mm×70.5mm×11.1mm(最薄部:9.6mm)、本体質量は156g。対応音声フォーマットはMP3/ATRAC/ATRAC Advanced lossless/AAC/HE-AAC/WMA/Linear PCM。対応動画フォーマットはMPEG4/AVC(H.264 Baseline)/ WMV。対応画像フォーマットはJPEG(Baseline)Source : Sony 


(juggly.cn)記事関連リンク
Android用Facebook公式アプリがv1.7にアップデート、つぶやきや写真の共有、チェックイン方法が変更、新たにプライバシー管理機能が追加
KDDI研究所、Android用の日本語音声合成ツール(TTS)「N2」を開発、N2を利用したウィジェットアプリ「ささやくヤーツ」と合わせて9月15日に無償公開
Sense 3.5搭載のSensation用カスタムROM「RCMix Bliss」が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。