ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毛を剃ると濃くなるって本当!? 正しい剃り方とアフターケアは?

  • ガジェット通信を≫


「毛を剃ると濃くなる」という話を聞いたことはありませんか? でも、実際のところその科学的根拠はあるのでしょうか。今回は、その実態を徹底調査! また正しいシェービングケアについて医師に伺いました。

答えは、NO!!!

一度剃られた後の毛は、普通の毛にように先端が細くなっていないため、濃くなっている印象を与えるのかもしれません。また、太陽や化学物質にさらされていない新しい毛は、古い毛よりも濃く見えてしまうのでが、毛の量が増えているということはありません。ですから、「剃ると濃くなるからイヤ!」と悩んでいる方もご安心を。

正しい毛の処理法とアフターケア・7つ

1. 蒸しタオル温める(入浴前に行う場合)

毛穴が開き、かつ毛が柔らかくなるのでカミソリがスムーズに滑るようになり、肌への負担を軽減できます。

2. 入浴10分後に剃る(入浴時に行う場合)

毛もお肌も適度に柔らかくなり、剃りやすくなります。いっぽう、温めずに行ってしまうと、カミソリの刺激で肌には細かい傷ができやすく、それにより毛穴の広がりや、雑菌の繁殖などのトラブルを起こす可能性があります。

3. カミソリやシェーバーの刃をこまめに替える

古いカミソリでは肌への負担が大きくなります。さらに、毛穴から雑菌が入り込んでしまうこともあるのでこまめに取り替えましょう。目安は、1カ月に一度は替えること。

4. カミソリ負けにはアイシング&保湿ケア

カミソリ負けを起こしてしまった場合は、濡れタオルで肌を冷やしてから入念な保湿ケアを行ってください。

5. 体調に合わせて処理をする

体調がよくない場合、また日焼けをした後、月経期を含めた生理前後数日間など、お肌が不安定なタイミングはムダ毛の処理には適していません。これらの期間を避けて、行うようにしましょう。

6. 必要以上の処理はNG

処理は多くても2~3日に1回にとどめるようにしましょう。毎日行うと肌への負担が大きく、肌トラブルを引き起こしかねません。

7. 処理の後は、しっかり保湿

処理後が肌が乾燥しやすいので、保湿ケアを入念に。乾燥を放置してしまと、次に処理をする際に、肌への負担が増大してしまいます。

医師からのアドバイス

これから肌の露出が増える時期です。気になるパーツのムダ毛を正しい方法で処理するのはもちろん、アフターケアもきちんと行ってくださいね。毛を剃るたびに肌のトラブルを抱えることがあれば、早めに皮膚科に相談しましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

デリケートゾーンのムダ毛処理!カミソリ負けを防ぐ!
冬こそ油断大敵! 気になるVラインとIラインのお手入れ方法を教えて!
アンダーヘアの”正しい自己処理”は○○を使う!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP